タグ

タグ:人生が変わる

潜在意識も人生も変えてくれる世界一の実力者岩波先生のこと

カテゴリ:
岩波英知と潜在意識と人生を変える記事


潜在意識を変えるために人は理性を使ってしまう

潜在意識には感情が渦巻いています。
この感情が厄介者で、理性では対処できません。
はるかに理性<感情です。

だから、潜在意識を変えようと理性を使っても無意味です。
潜在意識を変えれば人生が変わると言っても、人生を変えるためには理性を破壊しておかなくてはなりません。
自分の理性を破壊するとは、これまでの自分を決別する覚悟がなければならず、その踏ん切りをつけるためにまた理性を使いだして対処してしまうということを永遠と続けてしまうのです。


人生を変えるには潜在意識から変えるしかない

人生を変えたい人は潜在意識から変わるべき!
潜在意識を変えるためには、理性を壊して、感情で対処すべし!


これが鉄則です。
しかし、瞑想や座禅をしてもなかなか理性を破壊することは難しいです。
瞑想はうまくいくと理性の働きをいい具合に抑え込めて、潜在意識の世界に自ら入っていくことができますが、そうそううまくいくわけがありません。

瞑想はとても難しく、いい指導者がいても深い瞑想状態に入って潜在意識や感情をコントロールすることは不可能に近いのかもしれません。
だから、ある意味強引に一瞬にして深い潜在意識にアクセスさせてくれる岩波先生の技術をご利用下さい。


潜在意識から確実に変えてくれる世界一の凄み

岩波先生は脳覚醒プログラムなどを東京や大阪や、今は合宿で伊豆半島などで、多くの人の潜在意識アプローチを手助けしています。
世界一の実力者と断言していい存在で、瞑想をやってきた人や潜在意識のアプローチを試みてきた人にとっては神様のような技術を持っています。


脳覚醒と呼ばれる究極の瞑想状態を超えた瞑想状態に瞬時に入れてしまいます。
その技術を岩波先生が開発してくれました。
全世界待望の技術です。
これまで他になかったもので、不可能を可能にしてしまう夢のような技術です。


自分の潜在意識の中に意識が滑り込ませることができ、究極の意識の世界に入れます。
もはや理性は必要なく、自分の感覚だけで潜在意識の中を潜水して泳ぐ感覚です。
苦しさはありません。
非常にリラックスして静かで、心の中で何かが蠢いて出てきそうな感覚です。

言葉ではうまく説明できませんが、世界で一番潜在意識にアプローチさせて、その中に潜り込ませてくれることだけは確かです。
潜在意識の中に、生きづらさや夢の実現のためのすべての原因が潜んでいます。
それをダイレクトに自分の感覚の力で取捨選択し、必要なものだけを取り出すことができるようになります。


人生観が劇的に変化する、いい方向に潜在意識が変わっていく

瞑想を40年続けてきた人も、たった一回に瞬時に岩波先生が脳覚醒状態に入れ込むだけで、瞑想修行をちっぽけにしてしまうぐらい、別次元の効果をもたらしてくれます。
瞑想や潜在意識アプローチを頑張ってきた人は、もう今しか受けられなくなっているそうなので、思い切って受けてみて下さい。
そして、人生観を一変させて下さい。

まさに人生が変わります。
あれだけ変えられなかった自分の潜在意識森性も人生もすべてを変えることができる魔法があります。

岩波先生の言葉・講演集はこちら(潜在意識や自己啓発に関する言葉集もたくさんあります)



カテゴリ別目次

自己啓発セミナーの恐怖 人生も潜在意識も変えてくれる自己啓発はない

カテゴリ:

自己啓発本、自己啓発教材、自己啓発セミナーで考慮すべき点

自分を変え、人生を変えようとする時、自己啓発を我々は敢行します。

私も自己啓発の情報商材や自己啓発本を山のように買い込みました。

しかし、知識は私の潜在意識と脳までは変えてくれませんでした。
潜在意識の重要さを説く自己啓発は例外なくありましたが、潜在意識を実際に変えてくれる方法は皆無でした。
だから、私はスピリチュアリティに興味を持ち、無駄な行動力が高じて、海外に修行しに行きました。
潜在意識を変えることが一番の目的でした。


知識や理論オンリーは自分を変えてくれない、変える機会も奪ってしまう


自己啓発で学んだことなんて、知識という雪が地表に降りつもるぐらいのもので、それは強風が吹く日には消し飛んでしまうものでした。

それぐらい知識というものは当てになりませんし、知識を自分の強みとするにはあまりにパワーが不足しています。
楽をして知識を得ることは誰でもやっていて、誰もが変わっていない方法です。


自己啓発本だけでなく、自己啓発系のセミナーや合宿など幾つもの「変わるための」選択肢があります。

でも、考慮すべきことがあります。


自己啓発商材を盲信してしまうとその後の人生が本当に悪影響が出てしまう危険性も知っておくべきです

焦って自己啓発に励んだときほど、流れも性格も悪い方に変わってしまいます。

 

無理やりの精神力注入は危険 自己啓発でエネルギーの出がらしになる危険性


040
 

極論を言えば、自己啓発のセミナーや合宿の中には、ブラックな世界への勧誘目的のものがあるわけです。
参加したけれど、余計心が疲れてしまって、エネルギー切れになって、さらに人生の混迷を深めるものもあるのです。


私のことを言えば、無理やり自己啓発セミナーで頑張ってしまったため、途中でエネルギー切れを起こしてしまいました。

最初はちょっと変わった自分が誇らしく、吸っている空気も違って感じましたが、無理矢理に自分を追い込んでしまったため、すぐに気力や集中力が続かなくなりました。

自己啓発で高まるのではなくダウンする危険性もある


たしかに私は自己啓発をして自分を変えることができました。
しかし悪い方向にです。

一瞬のいい方向への変化を感じたあとは、奈落です。
奈落が嫌でまた自己啓発の虜になることを繰り返していたのだと思います。 


この経験は自己啓発セミナーの参加者が頻繁に言っていることですが、それでは自己啓発ではなくなっていますよね。
自己啓発の魔境に陥ってはいけません。

瞑想にも魔境と危険性があると言われています。

心の中を変えることはそう簡単ではないということです。

自己啓発して自分を変えて何をしたいのか? 常に目的を見失ってはいけない



自分が何者かもわからず、ただ自己啓発をすると、自分のことが分かっていないから、迷走するわけです。
目的地もわかっていないのに全力で走るから、どこにも到達できず、自分の立ち位置もわからずそこから動けなくなります。
いつの間にか富士の樹海をさまよい歩いていることを考えるとゾッとしませんか?

 

自分の芯がない状態で、ただ自己啓発をすると、本来の目的から脱線してチャレンジしている気になってしまうわけです。
それが生き甲斐になってしまいます。

自己啓発マニアがいるのもそういう構図です。
自己啓発セミナーに生き甲斐を奪われ、すり替えられて成功もできないまま、お金を搾り取られている人がなんと多いことか。


自己啓発セミナーにはまったら潜在意識と脳が壊れやすくなる



幸せになりたいと考えて「人生を変えたい」「自分を変えたい」と考えているにもかかわらず、人生を混沌に向かわせることを全力でやっています。
するとどういうふうになるのか。


しまいに心と脳の働きが狂ってしまいます。
脳内の深部や潜在意識の底がアンバランスになって、 人生を変えたいというより自分らしさが悪く歪んで変わってしまったりします。

洗脳を受けた人が陥る現象です。 

そして、これはリアルに起こっている話です。


脳と潜在意識を無理やり歪める自己啓発セミナーは危険


「人生を変えたい」とただ目的なしに頑張ってしまうと(自己啓発本やセミナーで誘導されてしまうと)、心の空白に偏った捉え方やメソッドを組み込んでしまうと心と脳が無防備になっているのでバランスが崩れてしまうわけです。

このようなリスクを回避するためにも、自己啓発病を治さないといけません。

病に冒されて、夢遊病になってあちこちのセミナーを受け続ける人がいますが(私がそうでした)、いちばん大事な自分の脳と潜在意識を無視して、無理やり人生を変えようとすると、大きなしっぺ返しを食らってしまいます。 


BlogPaint

本能と潜在意識と原始的な脳を無視すると、生きづらさと鬱が忍び寄ってきます

カテゴリ:

brain_money_change_life
成功脳が働かない原因と対策法3


原因3


本能を発揮する脳が死んでいく現代


最後の問題点は、現代人である我々が、情報の洪水の中で生活していることに関係しています。
ほとんどの人が、断片的な収集がつかない思考によって心情を満たす習慣を身につけています。


あまりに情報が氾濫し、動物として必要な本能を押さえつけて、理性だけを酷使して我々は生きざるを得ません。

そして、本能や原始的な感情は悪だと社会から教わります。



本来の潜在意識と脳の活動領域が狭まっている


脳の表面的をかき乱す雑念と思考の騒々しさと比較して、脳と潜在意識の領域は現代生活ではかなり制限されてしまっています。

あまりの情報量で打ち消されて、本来の心の領域を無視して生きるようになってしまいます。
現代人の一番の弱点は言うまでもなくそこです。


そこが生きづらさを生み出します。
自己啓発セミナーや瞑想やスピリチュアリティが流行るのも、その裏返しとも言えるでしょう。



成功者と凡人の脳と潜在意識の活動量の差


本能を大事にできない人間は悩みを引き寄せやすく、本能を豊かに利用している人はタフだったりします。

私は理性の塊で、脳みそはいいほうだと思って生きてきましたが、全然使いこなせていなかったことに気づいた時は、愕然としました。


しかも、生きづらさを味わい、「人生とは悩むこと、耐えること」なんだと思い知らされたのです。
経済的に恵まれていましたが、精神的には貧者でした。

しかし、今は人生は楽しむもの、目標と結果に向かって邁進していくものだと思っています。

行動力から何から何まで人生が変わりました。

成功できる素質を獲得できたと勝手に思っています。
昔と比べて脳がフルに動いていると実感しています。
どれだけ昔は脳が活性化していなかったかという話でもあります。

自己啓発セミナーや海外でのスピリチュアリティ体験を経てもそんな人間だったのは恐ろしいです。 



対策法3

潜在意識から変わるのにあまり大した方法はなかった

成功脳を手に入れるためには、潜在意識の奥底と脳内の本能クラスにダイレクトにアクセスすることが不可欠です。 

理性を大きく越えた、意識の力も遥かに及ばない精神的な深い世界に身をおくことだけです。


人は瞑想を行なったり、ヨガを開始したり、気功をやったり、座禅をしたりしますが、私はあますところなくやりましたが、どの方法も力不足に感じました。
私が悪いのもありますが、時間がかかりすぎます。
実感もないですし、やるほど迷いが入ってしまいました。


一時しのぎに終わっている潜在意識アクセス法


世界中でも皆、精神世界とアクセスしようと奮闘していますが、自己啓発セミナーと同じで一時的な気分高揚や安らぎの変性意識体験を得るだけで、それ以上には達していませんでした。


これは長くやっている人が人生が変わっていないことを拝見しても、大したパワーはありません。

しかし、世間には瞑想やヨガが非常に小さく思える方法があります
(決してそれらをバカにしているわけではありません。あまりにその技術が高レベルですごかったのです)。



潜在意識に深く誘導し脳を活性化させる方法が現実にあった



私が自分を変え人生を変えるために運命をかけたのは、脳を覚醒させることにより、人生を変えていく方法でした。

脳覚醒技術と言われるものは、まさしく本能と潜在意識の一番深いスポットに誘導してくれます。

この体験のすごさについて、数え切れないほどの人がインプレッションを述べています。

脳覚醒技術のインプレッション1 脳覚醒技術のインプレッション2 脳覚醒技術のインプレッション3 


本能が蘇生され、脳が刺激され、すごいパワーを内面に感じることができます。

生きていてよかったという実感が強くなります。

それって本能の源から発する力です。


現代人がずっと忘れてしまっている感情のパワーを、私は脳覚醒技術で味わいました。


変わりたいのに変われない、変わる方法がないって悲惨です



脳の覚醒体験を経過しないことには、潜在意識なんて少しも変えられないし、自分も人生も変わらない。
これまで人生を変えることに血道を上げて、その割にからきし変われなかった自己証明だけをして、そのまま徐々に命の炎が消えていくことになるなんて、報われないしやるせないです。

そんな人生って無念じゃありませんか?

もともと諦めて生きている人はいいんです。
しかし、何のために人生を変えようと頑張ってきたんですか?

変われないのはしょうがないことだったけれど、これらは自分を大きく変えられる技術があります。

これを受けずして生きているのは、人生最大の損をしています。
自分が変われる実感を心の底から得てみて下さい。


1500万円を払っても変われなかった男の感動

やっと生きていてよかったと思える最高の瞬間を味わえました。
自己啓発と海外でのスピリチュアリティ体験に1500万円費やしてきた男が、はじめて岩波先生が創造した脳覚醒技術のすごさに触れた時、別格過ぎて衝撃を受けました。

まずは脳から変わって下さい。

成功哲学はあくまでも知識です。
自己啓発セミナー(感情型、体験型、劇場型)は表面的にしか脳をなぞれませんし、人格を歪めて感情を逆にしぼませてしまう両刃の剣でもあります。 

自己啓発に人生を捧げるのならば、これが最後にすべきだと思います。

BlogPaint

このページのトップヘ

見出し画像
×