タグ

タグ:人生を変えたい

自己啓発セミナーの恐怖 人生も潜在意識も変えてくれる自己啓発はない

カテゴリ:

自己啓発本、自己啓発教材、自己啓発セミナーで考慮すべき点

自分を変え、人生を変えようとする時、自己啓発を我々は敢行します。

私も自己啓発の情報商材や自己啓発本を山のように買い込みました。

しかし、知識は私の潜在意識と脳までは変えてくれませんでした。
潜在意識の重要さを説く自己啓発は例外なくありましたが、潜在意識を実際に変えてくれる方法は皆無でした。
だから、私はスピリチュアリティに興味を持ち、無駄な行動力が高じて、海外に修行しに行きました。
潜在意識を変えることが一番の目的でした。


知識や理論オンリーは自分を変えてくれない、変える機会も奪ってしまう


自己啓発で学んだことなんて、知識という雪が地表に降りつもるぐらいのもので、それは強風が吹く日には消し飛んでしまうものでした。

それぐらい知識というものは当てになりませんし、知識を自分の強みとするにはあまりにパワーが不足しています。
楽をして知識を得ることは誰でもやっていて、誰もが変わっていない方法です。


自己啓発本だけでなく、自己啓発系のセミナーや合宿など幾つもの「変わるための」選択肢があります。

でも、考慮すべきことがあります。


自己啓発商材を盲信してしまうとその後の人生が本当に悪影響が出てしまう危険性も知っておくべきです

焦って自己啓発に励んだときほど、流れも性格も悪い方に変わってしまいます。

 

無理やりの精神力注入は危険 自己啓発でエネルギーの出がらしになる危険性


040
 

極論を言えば、自己啓発のセミナーや合宿の中には、ブラックな世界への勧誘目的のものがあるわけです。
参加したけれど、余計心が疲れてしまって、エネルギー切れになって、さらに人生の混迷を深めるものもあるのです。


私のことを言えば、無理やり自己啓発セミナーで頑張ってしまったため、途中でエネルギー切れを起こしてしまいました。

最初はちょっと変わった自分が誇らしく、吸っている空気も違って感じましたが、無理矢理に自分を追い込んでしまったため、すぐに気力や集中力が続かなくなりました。

自己啓発で高まるのではなくダウンする危険性もある


たしかに私は自己啓発をして自分を変えることができました。
しかし悪い方向にです。

一瞬のいい方向への変化を感じたあとは、奈落です。
奈落が嫌でまた自己啓発の虜になることを繰り返していたのだと思います。 


この経験は自己啓発セミナーの参加者が頻繁に言っていることですが、それでは自己啓発ではなくなっていますよね。
自己啓発の魔境に陥ってはいけません。

瞑想にも魔境と危険性があると言われています。

心の中を変えることはそう簡単ではないということです。

自己啓発して自分を変えて何をしたいのか? 常に目的を見失ってはいけない



自分が何者かもわからず、ただ自己啓発をすると、自分のことが分かっていないから、迷走するわけです。
目的地もわかっていないのに全力で走るから、どこにも到達できず、自分の立ち位置もわからずそこから動けなくなります。
いつの間にか富士の樹海をさまよい歩いていることを考えるとゾッとしませんか?

 

自分の芯がない状態で、ただ自己啓発をすると、本来の目的から脱線してチャレンジしている気になってしまうわけです。
それが生き甲斐になってしまいます。

自己啓発マニアがいるのもそういう構図です。
自己啓発セミナーに生き甲斐を奪われ、すり替えられて成功もできないまま、お金を搾り取られている人がなんと多いことか。


自己啓発セミナーにはまったら潜在意識と脳が壊れやすくなる



幸せになりたいと考えて「人生を変えたい」「自分を変えたい」と考えているにもかかわらず、人生を混沌に向かわせることを全力でやっています。
するとどういうふうになるのか。


しまいに心と脳の働きが狂ってしまいます。
脳内の深部や潜在意識の底がアンバランスになって、 人生を変えたいというより自分らしさが悪く歪んで変わってしまったりします。

洗脳を受けた人が陥る現象です。 

そして、これはリアルに起こっている話です。


脳と潜在意識を無理やり歪める自己啓発セミナーは危険


「人生を変えたい」とただ目的なしに頑張ってしまうと(自己啓発本やセミナーで誘導されてしまうと)、心の空白に偏った捉え方やメソッドを組み込んでしまうと心と脳が無防備になっているのでバランスが崩れてしまうわけです。

このようなリスクを回避するためにも、自己啓発病を治さないといけません。

病に冒されて、夢遊病になってあちこちのセミナーを受け続ける人がいますが(私がそうでした)、いちばん大事な自分の脳と潜在意識を無視して、無理やり人生を変えようとすると、大きなしっぺ返しを食らってしまいます。 


BlogPaint

人生を変えた人は誰のアドバイスに頼らず、自分の直感力を信じていた

カテゴリ:

subconscious

潜在意識と脳が、成功への究極のコンサルタントとなってくれる


成功脳を得た人、つまり一流の経営者や芸術家や研究者は、あたかも天から降りてくるように第六感やインスピレーションを得たと、事あるごとに公言しています。
人が発想しないアイデア、先を見通す力、常人の脳では思いもしない行動を自分の信ずるままに実行し、大きな成果をあげているのです。

私たちは例外なく、いざという時に決断を行い、難題を乗り越えたり、欲することを現実化しようとしています。

ですので、誰にとっても、自分の脳内から天啓やインスピレーションや直感力を得ることが大事です。

そういう人は例外なく潜在意識を我がものとしています。
潜在意識は意識ではコントロールできませんが、成功脳の人は潜在意識と意識が一体化しているといっていいでしょう。

成功哲学セミナーに依存するより自分の脳と潜在意識を信じろ


あなたが自分を変えるために努力をしてきたとしても、、どれほどコンサルティング・カウンセリング・コーチング相手に恵まれているとしても、あなたの脳と潜在意識は、自分自身の最善のコンサルタントになります。
自分の能力と潜在意識を信じられる人間だけが成功できています。 

おそらく、そしてかつての私も信じられないから成功哲学セミナーや自分の潜在意識を高めるスピリチュアリティなことに参加して、何とかしようとしています。
それが本末転倒で、成功できる人は脳と潜在意識を信じられています。

だからセミナーでは人生を変えるほどの効果は得られません。


 

普通の方法では人生は変えられない


自分の直感を信じられる人間だけが成功できています。


そして、成功のための直感力、第六感力は誰でも開発可能です。

悟りのようなもので、いきなり舞い降りてきます。


しかし普通の脳の状態では舞い降りません。

どんなに憧れても不可能です。
思考は現実化は決してしません。

成功を潜在意識に願っても、引き寄せの法則など働くわけがないんです!
本でいくら見識を深めても一生無理です。
 


現実に潜在意識や脳を変えることは難しかった


私は海外を旅して、潜在意識に入ったり変えることに興味があり、瞑想やスピリチュアリティの世界に没頭してきた時期があります。
海外渡航費を含めてどれだけのお金を投資してきたでしょうか。

しかし、どれも夢幻の如く、現実生活に戻るとパッと割れてしまうものばかりでした。
気分だけ高揚したり、環境が変わったことで自分が変われたという錯覚ばかりでした。

日本で行ってきた自己啓発のセミナーにしてもまやかしばかりでした。
理論的なことはお腹いっぱいでした。
もうわかりきってることばかりですから。


今度は違うと思いたいセミナーへの幻想で時間を無駄にしていく


しかし、人間は阿呆なもので、今度ばかりは違うかもしれないという期待をしてしまうのです。
自分が変わる瞬間をセミナー・セッションに期待して、すぐ裏切られる。
セミナーにではなく、自分に裏切られているというのが世界だと思います。
阿呆な私でも普通のやり方では脳が変えられないと悟りました。

結局、脳が特殊な状態に覚醒していなければならないのです。

潜在意識から変えることも、成功脳に覚醒することも、第六感を身につけることも、ある特別な人達のものだけじゃ決してありません!

自分自身で思い描いているよりも、あなたの脳はずっと偉大な存在です。
問題はその方法だけです!
そこだけです。
脳を覚醒させられるメソッドを提供できるかどうか、自己啓発の方法はそこを見極めて下さい。

今まで受けてきたセミナーは人生を変えてくれなかったし、これから受けるセミナーも同じです。
結局変わった実感なんてないに等しいのですから。


潜在意識が根底から変われる方法についに出会う


つまり、変われる実感があればあるほど効果がある証拠です。
そして長続きできるかどうかも重要です。

自分の脳や潜在意識を信じようとしても、信じるに足る実感がなければ意味がありません。

しかし、自分はすごい、やれると心の底から打ち震えるぐらいに思える脳覚醒状態というものがあります。。
それは世界に一つしかない技術を使った、根底から潜在意識を変える、そして脳の神経伝達物質を自由に解き放てる方法です。


とんでもなく脳を活性化させられる技術


神経伝達物質であるドーパミン、アドレナリン、セロトニン、アセチルコリン、エンドルフィンなどはどれか一つは聞きかじったことがあると思いますが、脳を覚醒させる技術で、成功脳になることができます。
成功脳は常人には発揮不可能な神経伝達物質で支配されています。

脳が異常に活性化しています。
自己啓発セミナーで人生を変えたいと思っている人は、まずは脳と潜在意識から変革していくことで、自分も人生も変えられるようになります。

私が1500万円浪費してもダメだったのに、メンタル面は言うに及ばず、経済的にも莫大な利益を上げられるようになりました。
脳覚醒技術は自己啓発観を一変させることになると思います。



実感のスピード、パワー、すべてが段違い、潜在意識が変わらないわけがない



従来の自己啓発の方法論は、人生を変えるために自分を変革していくことを一つ一つ積み重ねていき、そのために潜在意識から変えなくてはならないというものでした。
かといって、潜在意識を変えられる技術も方法も誰も持っていませんし、あってもレベルが低すぎるんです。

私が出会った脳覚醒技術を使った脳活性化技術は、最初から成功脳を持った人と同じ状態にしていきます。
だから潜在意識なんて簡単にアクセスできて、変えることができます。

脳覚醒技術を受けたら、今までやってきた潜在意識開発術、成功哲学、自己啓発すべてが、これでは変われるわけがないと思えるほど実感が違いすぎます。

世界を旅して見聞を広げてきた私でも、腰を抜かすぐらいのインパクトが有りました。
衝撃を受けました。
これに衝撃を受けない人はいないでしょう。

そして、脳覚醒状態には人生を大きく変えられるすべてがつまっていました。
この技術を使わない手はないです。



BlogPaint

人生を変えたいが潜在意識と脳と精神状態がついてきてくれない その原因と克服方法

カテゴリ:


success
成功脳をあなたは実は有している


ただ使っていないだけです。
潜在能力を発揮していないだけです。
成功者や人生が充実している人間は、成功する脳みそを駆使しています。
成功できない人は、脳みそを一生懸命駆使しようとしているけれど、本当の意味では働いていません。

顕在意識で努力するだけで、潜在意識と一体化していません。
これでは同じ一生懸命働いたとしても、成功実現はできないはずです。

成功者とそれ以外は、潜在意識や脳を本当に駆使できているかどうかのの違いだけです。

このままジリ貧で人生を送らないために、使っているようで使えていない脳を覚醒させるのかどうかなのです。

潜在意識を根底から変えると脳も覚醒していく


脳を覚醒させると言っても、まったく違う脳が生まれるわけではなく、あくまで覚醒するわけです。
潜在意識が大きく変わることで成し遂げられます。
だからベースはあなたの脳みそです。
だから人格が変わるわけではないですし、洗脳でもありません。

自由な脳になるための覚醒です。
脳が極度に活性化させることで、普通の脳みそが成功脳に変われます。
脳がフルに活性化している経験を持っていない人は、不幸だと思います。
せっかくの宝があるのに、実感できていないわけですから。

脳を覚醒させる方法は、脳トレーニングや瞑想と言った低次元のレベルのものではありません。
どれも力不足な方法なので期待するだけ無駄です。

逆にそれをやったために、自分の脳をますます頼りないものにしてしまう危険性があります。
下手に脳トレをやると、凡人の脳以下になってしまうリスクがあります。


時は残酷だし、お金は自分を変えてくれません


私はそれで多くの時間を活かせず、気付いた時にはあれよあれよと中年男性になっていたのです。
時の流れは残酷ですね
いつかできると思って何も行動していないと、いつまで経ってもできない男になってしまうのです。

私の中年男性像とはまったく正反対の、手の施しようがない半人前の中年になっていたわけです。
もともと私は経営者の父を持つボンクラボンボンでした。
お金も時間も自由にあった方ですが、しかしいくら恵まれた環境でも、自分に満足していなかったら幸せではありません。

幸せになるために、自分の力で成功を掴み取るために、だから1500万円以上も自己啓発系や潜在意識開発系に散財してしまったのです。



人生目標が定まり、結果を出す脳が自動的に作動する成功脳

脳に刺激を与えられないまま、決定的な感覚を日常や仕事で得られないままだと、脳は本当に滅んでいきます。

皆努力しているはずなのに(この際、努力できない人間は無視して話をします!)、なぜ遊んでいるような人に大差をつけられてしまうのか?


結局は脳の経験値です。
成功脳になっている人は、そうなる経験値を蓄えてきています。 


もともとの脳の出来不出来にはなんの差はありません。
天才だから成功できるわけでもなく、逆に天才的だから大失敗をしてしまって、路頭に迷うなんてことはたくさんあります。

スポーツもそうですよね。
神童とか天才とかもてはやされていた人が全くパッとしなくなっていって、凡人とかセンスが無いと言われた選手が見違えるほどいい選手になっていっています。
 

自分の脳を信頼していますか? 成功脳はそこから生まれます



成功脳のメカニズムというのは、生まれてから今日までの、各自の成功した体験と失敗した体験の全部を感覚としてデータ活用します。


そして、ある目標

  • 成功してやる
  • 金持ちになってやる
  • 人生を変えてやる
  • 試験に合格してやる
  • あの人を口説き落とす!
が与えられると、脳と潜在意識は活発に活動してくれます。

成し遂げるために何を遂行するのが最適なのかを、異常に高い精密性で即座にレクチャーしてくれるのです。

自分の脳を信じて下さい。
信じられない人は、自分の可能性を信じられるようになる方法があるので、このブログを読み進めて下さい。

私はいまいち頼りなかった自分を真に信じることが出来た強い実感を経て、大きな成功をビジネス面で収めることができました。 

 

成功体験が少ない人はいざという時に不安の感情に襲われて何も出来なくなる



しかし、「できない」という経験値が高い人は、いざという時不安と心配が脳を支配します。
潜在意識も不安と恐怖感で、貴方の意思と行動力を邪魔してきます。

成功脳とは真逆の働きです。


いっくら脳みそを振り絞っても、いくら人生を変えようと頑張っても無駄です。

やるだけ不安と心配と、いずれは恐怖感に支配されて身動き取れなくなってしまうのです。

そんな人がいくら自己啓発の成功メソッドを学んだところで、行動に移せませんし行動してもうまくいかない結果に終わって、自分はだめだという確信を強めてしまいます。

だから、それを完全に打破する脳への大きな刺激が必要です。
潜在意識を変えるにしても理論でわかるのではなく、実際に変えていかなければ未来はありません。


怯えと不安の脳と心を大きく上回らないと人生は変えられない

まず自分の理性(メンタルブロック)を上回らなければなりません。
さらに潜在意識が発してくる怯えや不安や恐怖に打ち勝つ必要があります。
そして、心配があっても、乗り越えられる精神状態にならないといけません。

そんなことは普通のやり方では不可能です。
事実、みんな普通をやって人生はおろか、自分すら変えられていないのですから。


自己暗示をかけても「できない」自分を強く信じ込んでしまうことを私は繰り返してきました。
自己啓発をしても、潜在意識開発に励んできても、そんな私だから無理でした。
できない人間がいくら自己啓発をやってもできないのだから出来るわけがありません。

そのための自己啓発ではないかと言われるかもしれませんが、自己啓発にはできない人間からお金を搾取するシステムだけがすごくて、中身はほとんどありません。
理論的に正解なことを教えるだけで、成功するための正解ではないんですね。


自己啓発はあなたを救ってくれない、あなたが自己啓発業者を救っているだけ


人生を一番変えたいと思っている人が、一番人生が変わらないという最悪な状態になってしまうのです。
だから、うまく行かない人にとって人生って苦しいですよね。

浮かばれないままの人生で中年になり、老人になり、何もできないまま死んでいくなんてことは、私はごめんでしたが、そうならざるを得ない道を歩んでいました。


だから、理性と悪い感情を上回る精神状態に入り、脳が覚醒した状態に入ることで、内面のマイナスと不安の経験値を潜在意識から破壊して、脳をリセットすることから始めないといけませんでした。

マイナスが脳からなくなり、潜在意識と脳から変われる方法はこちら
をご覧ください。



それをしたら、はじめて脳がリセットされてプラマイゼロになります。

そこから成功脳に変わる道が出てきます。
人生をリセットして、再び活性化した脳で走れるようになります。

その時の充実感を皆さんにも味わってほしいと思います!

このブログを読んで、脳を覚醒し、潜在意識と人生を大きく変えられるように祈っています!

BlogPaint

このページのトップヘ

見出し画像
×