タグ

タグ:人生を変える方法

潜在意識は嘘つき。しかし本当の嘘つきは顕在意識?

5

カテゴリ:

潜在意識と顕在意識へのアクセスと嘘

顕在意識と潜在意識、どちらが本物なのか?

顕在意識と潜在意識のズレが私たちを苦しめています。
こうなりたい理想の自分を制限してくる潜在意識。
実は潜在意識は理想の自分を求めていないのかもしれない。

顕在意識で思ったこと、潜在意識の願望、いったいどちらが本物なんでしょうか?


顕在意識では強く思えても、潜在意識に抵抗されたら意味がない

いずれにしても言えることは、潜在意識に拒否られたら、自分を変えられない、ひいては人生も変えられないということです。

だから潜在意識を変えることができなければ、何にもできません。
顕在意識でいくら決意しても、二、三日はその決意はもつかもしれませんが、一週間後にはすっかり鈍っているものです。


潜在意識を知ること、いいところではなく弱点も含めて

潜在意識を変えるには、自分の潜在意識がどんな願望を持っているか知ることが重要です。
変わりたいのに変わりたくない、それを認識できるだけでも、自分を知れます。

自分を知った人間、しかもその弱さを認めることができるのが本当の強さなんだと思います。

敵を知り己を知れば百戦危うからず、と言いますが、徹底的に自分を知るべきです。
残酷なぐらいに、自分の弱さも強さも本当の願望も受け入れるべき。

潜在意識をごまかすことはできません。
ならばあるがまま、ありのまま自分を受け入れることです。


潜在意識へのアクセス。理性は役立たない

しかし自分の顕在意識と違って、潜在意識を知るには感覚的になっていなければなりません。
潜在意識の自分の願望や状態は、とても単純です。
顕在意識のように理路整然と語れる類のものではありません。

潜在意識は感情と感覚です。
理性で判断すると見誤ります。

不安なのか、自信なのか、喜びなのか、焦りなのか、奥底に抑圧された負の感情を知ることができれば、それが潜在意識を知ることにつながります。
いい感情があればその感情の波に乗って、そのまま動けばいいだけです。

楽しい、快感といった感情はモチベーションをどんどん作り出してくれます。
最高に乗っている状態です。

悪い感情も自分を変えるのに役立つ

しかし不都合な感情があってもうろたえることはありません。
悪い感情は反動に使えます。

人は不安や恐怖からの脱出に一番エネルギーが湧いてきます。
爆発的なものです。


ただし長続きしません。
だから、その使い分けが重要です。
どちらにしても、潜在意識に眠るいい感情も悪い感情も、自分と人生を変えるとてつもないエネルギーです。


それを発掘することがお金持ち地位も名誉も幸せも獲得できてしまう秘訣です。


カテゴリ別目次

人生が変わる人の絶対条件 お金が稼げる人間は潜在意識を意図的に変えられる人

5

カテゴリ:
潜在意識はお金を運んできます。

money-2696229_960_720


お金が稼ぐことができない人は、潜在意識からお金への罪悪感を持っています。
表面では富を得たい、名声を得たい、お金を沢山稼ぎたいと思っても、実は自分の潜在意識では、それを拒否しています。

だから、進みたいけれど、自分で自分を制限しています。
生きていて、どこかで窮屈さを感じるその実体は、自分のほんとうの意識にほかなりません。
この潜在意識のもうひとりの自分の抵抗を乗り越えない限り、人生は変わらないし、自分の願望(お金を稼ぎたい、幸せになりたいなど)は叶えられません。


しかし、どれだけの人が潜在意識を実感としてつかめているでしょうか。
本で読んでなんとなくわかった気になっているだけで、その概念が知識でわかっても、現実には自分を変えられません。


潜在意識を書き換えるセミナー? 机上の空論が多い

自己啓発セミナーで潜在意識にアクセスし書き換えるセッションや講義を受けた人も多いと思いますが、所詮は机上の空論でしかありません。
つまり、潜在意識理論を使っているセミナーで、潜在意識を全身で実感できないものは、受ける意味はないということです。

時間の無駄、お金のムダで、その時間と労力があるならば、実際にお金稼ぎを実行したほうが遥かにいいと思います。



お金が稼げる人は潜在意識から違います。
お金への罪悪感がまずありません(サイコパスほど大成功するのはそのためです)。
リミッターを外せるため、理性という潜在意識の扉を閉ざす力も乗り越えることができます。
そして、心の底から、お金を稼ぐための結果とその過程を描けるため、短期集中で一直線に行動でき、目的を達成できてしまうのです。


顕在意識と潜在意識が一直線でリンクしているからこそ、その人が思ったことを邪魔することなく、純粋に動けます。
脳もクリアに動きます。


自分のせっかくの可能性を、潜在意識がジャマをすることほどもったいないことはありません。
努力を無駄にしてしまいます。


潜在意識は超越した変性意識状態に入らないと意味がない


潜在意識にアクセスし書き換えることができる状態は、超越した変性意識状態になることです。
自力でそれが作り出せれば、いつでも自分で潜在意識の邪魔する要素を封じ込められ、プラス暗示を自分でかけることができます。

そのために一流の経営者や成功者は瞑想をやっています。
潜在意識の重要性を知識ではなく、感覚で把握しているからです。


ただし瞑想で超越した変性意識状態に自力で入ることは、すごい労力と時間を必要とします。
もしも短期間で、どの自力瞑想の達人を超えたい、そんな時間がもったいないという人ならば、ぜひおすすめの方法があります。
このブログで何度も紹介している方法です。

詳しくはこちらを読んでください。

私が変われた方法 脳の覚醒、潜在意識の覚醒方法とは


潜在意識は一人での力では実感がわきません。
潜在意識にアクセスしようと試行錯誤するならば、お金を稼ぐ、成功するための行動をリスク関係なくやるべきです。
ビジネスはスピードが命です。
潜在意識を書き換えてから、行動を起こそうとする人間は一生お金を稼ぐことはできません。

私も昔はそうだったです。


潜在意識を変える方法 潜在意識が変わる条件に導ける唯一の人間

カテゴリ:
changemind

潜在意識を変える方法 変えられた方法を書く前に、そもそも潜在意識とは何か?


潜在意識ってなんでしょうか?

人間には顕在意識と潜在意識(無意識)があり、人が普段意識していない、意識できない部分を潜在意識といいます。

顕在意識は5%から10%しか使用しておらず、圧倒的に多くの90パーセン以上が潜在意識で構成されています。


潜在意識の力は圧倒的。変えたくても変えれない

今の自分の考え方や行動は潜在意識によって決められています。

自分を変えたくても、考え方や行動が改まらないのは潜在意識を変えることができないからです。

しかし、この潜在意識というのがとても厄介なやつでして、実は変化を歓迎しません!

全くと言っていいほど、いい方向に変わることすら拒否ってくるのです。


人は一瞬は変わろうと思う。でも潜在意識の力でいつもの癖に引っ張られてしまう

人生を変えよう、このままではダメだ!

こう何度決心をしてきたことでしょうか?

でも、結局元の木阿弥に戻っていませんか?

変わることを恐れる潜在意識が、元の自分に戻そうとする巨大な力が働き、顕在意識の力なんてその前ではちっぽけなものだと思い知らされます。


潜在意識は自分を守るために、変化を恐れる

こちらにおすすめのサイトがあります。
変化を恐れるな! 変わることを恐れない!

こちらのサイトにも書いてあるとおり、変化をすることを感激すべきなのに、もう一人の自分は極度に恐れてしまうのです。

潜在意識の強大な働きによるものです。

変わることは負担を強いますし、緊張や不安をもたらします。

この不安定な状態を潜在意識は許しません。

変わることを危険思想だとして、封じ込めてしまいます。

それも不安や恐怖という強大な感情の力を駆使して邪魔をしてくるのです。

だから、決して自分を変えようとしても、人生を変えてやると一大決心をしても、潜在意識を変えることができず、いつも堂々巡りをしてしまいます。

この壁を突破させてくれる人が、日本に唯一います。


潜在意識を説得できる唯一の存在

潜在意識を『変化は歓迎すべき』と説得できる状態になれば、理論上、潜在意識を変えることができます。

ですが、言うは易く行うは難しで、こればかりはどんなプロでも困難なことなんですね。

実際、多くの人が瞑想をやって自分を変えよう、潜在意識にアクセスして変わる方法を模索しています。

自己啓発セミナーでも、潜在意識改造セミナーのようなことをやり、恐怖や不安やテンションの高さを使って、潜在意識にアクセスさせて、無理やり自分を変えさせようとしています。

しかし、ほとんどの人が変わっていないですし、一瞬だけ変われそうな予感がしただけで、あとは結局潜在意識の変化を恐れる力によって、元の木阿弥になっていますよね。

催眠療法による暗示も潜在意識に働きかけるものですが、これも理論倒れをしているようです。

催眠療法の効果について(こちらを参考にどうぞ:外部リンク)

どれだけ潜在意識の扉が開放させることがプロでも難しいかよくわかります。

本当に難しいですし、相当私も苦労してきました・・・・


ただし唯一潜在意識にアクセスさせてくれる人がいます。

この記事中に紹介したサイトやブログにも紹介されている岩波先生です。

あのスティーブ・ジョブズも受けたがっていた

岩波先生は圧倒的な潜在意識アクセス技術を持っています。

岩波先生の評判を調べれば、別格すぎるぐらいの存在だと言っている人が多いです。

確実に潜在意識にアクセスさせてくれるからすごいです。

瞑想を長年やり続けてきた有名な企業家も、岩波先生の誘導瞑想技術で、さらに成功を収めていった話を聞いたことがあります。

あのスティーブ・ジョブズも曹洞宗のお坊さんから岩波先生の噂を聞いて、生前受けたがっていた話があるぐらいです。

潜在意識を変える方法 それは潜在意識が顕在意識に融合された時に可能になる

潜在意識にアクセスできた時の状態は、トランス状態とか脳覚醒状態と言われていて、明らかに感覚が変容して(変容しすぎてすごいという感想しか出ません)、潜在意識が顕在意識と一体化しています。

顕在意識は自分で自分を説得できる状態なので、顕在意識化した潜在意識を自分の言葉で説得できるのです(岩波先生の説得をしてくれます)。

つまり、変化は歓迎すべきだということ。

変わることを嫌がるマイナスのエネルギーを沈めてやることもできます。

また潜在意識に組み込まれて外せなくなった、自分の力を制限する障害も解決することができます。

心の掃除をしながら、潜在意識のバグや防衛本能、無変化への強制力を解決していくことが確実にできます。

潜在意識から変わらない限り、自分は決して変わらないし、人生はもっと変わらなくなります。

潜在意識が強制してくる運命に抗うのならば、潜在意識本体をぶっ飛ばすことをしない限り、変えられるチャンスは二度とありません。

関連ブログ記事
潜在意識を変える方法 脳覚醒技術について

なぜ脳と潜在意識を変えることが不可能になってしまったのか

カテゴリ:

brain43
成功脳が働かない3つの原因と対策 2

原因2


知恵や理論で脳と潜在意識に立ち向かう無駄

次の課題点として、本人の脳や潜在意識には、元来言葉やアドバイスが伝達しにくいという点が挙げられます。
脳と潜在意識の部分は、私たちが言葉を創造するよりも断然古くから在ったものだからです。


原始的な感情に理性という後天的な人間の要素が太刀打ちできないのと同じです。


引き寄せの法則とか思考は現実化すると言って、強く思おうとしても意味は全くありません。

たとえば「お金がほしい、彼女が欲しい、イケメンと付き合いたい」とただネチネチ唱え続けたとしても、脳内や潜在意識に確実に行き届いていません。

もっとそれができない自分の認識をするだけに終わります。

引き寄せの法則では引き寄せられないし、思考は現実化しない


私がそうでしたから、やるだけ無駄なことでした。

思考は現実化はしません。
もともと現実化できる人間が、成功を強くイメージし、結果を出す覚悟から思考を生み出し、強く行動し、脳を覚醒させて、成功させたという構図じゃないと無理です。

思考から始まったものに何の価値もありません。
思考ばかり考えると、理屈だけが長じていき、一番成功できない、自分すら変えることができない存在になってしまいます。

そんな人間になるために自己啓発に人生を捧げてきたわけではないはずです。



対策法


潜在意識と原始的な脳に伝える言葉はない


脳内と潜在意識にあなたが欲している目標と結果を、明確にそっくりそのまま伝えるためには以下の条件が絶対に必要です。

怯えと不安と焦燥感と心配といったマイナスの強い感情をはるかに飛び越えて、潜在意識と原始の脳に伝える術を持つ必要があります。
プラスの感情の力と信念の力で、しかも気張らず自然に、イメージを潜在意識と脳内に言い聞かせなければなりません。

意志の力やムリヤリ感情を振り絞って、自己暗示を邪魔してくるマイナスの感情を超越しようとすることは、愚の骨頂です。


劇場型・体験型自己啓発セミナーでは感情のバランスが崩れます


多くの自己啓発セミナー(体験型、劇場型)は、その愚を毎回起こしていて、一瞬気分の高揚により変わった気になる人が多いものの、実際はマイナスの感情に心を焼かれてしまう結果に終わる人がとても多いです。
しかし気分の高揚という麻薬効果により、お得意さんにさせられてしまうわけです。 


かといって独学でも自力でも無理な話です。
それでできたらこんな人生を変えるために苦労はしないのですから。

現実に自己啓発セミナーにもその方法はありませんし、だから潜在意識を変えるなんてことは意外に難しいのです。

だから今まで自分を変えられなかったのはしょうがありません。

私たちには感情があり、いくら意志の力でも感情をすべてコントロールできないのです。
変わりたくないという潜在意識の働きが強い限り、必ず強い意志でも徒労に終わる事になるでしょう。



自分をコントロールしようとするよりもコントロールできる脳を作る


しかし、先に脳が変化を見せる状態から入る技法があります。

いわゆる超変性意識の状態を作り込み、どしどし深めていってから、脳を覚醒させて、ストレートに
あなたの思いや言葉を刻み込ませる方法です。

自分の潜在意識と脳をコントロールしようと悪戦苦闘する時間の無駄を繰り返すならば、最初から潜在意識と脳がコントロール可能になる状態に入ってしまうのです。
この普通じゃない状態に誘導できるのは、日本で唯一人岩波先生しかいないでしょう。

強烈な実感からスタートさせる方法です。
最初から、絶対的な感覚の世界から始まる技術があるため、潜在意識に入り込み自分を説得できますし、成功の法則を脳に焼き付かせることができます。

世界中を旅した私でも、岩波先生と肩を並べるどころか足元に及ぶような達人は誰一人いませんでした。


偽物の潜在意識開発法、能力開発法に安易に頼ってはいけない


ドラッグの力で強烈な実感からはじめたら? と考えている人は危険です。
それこそドラッグの力で脳みそが崩壊していきます。
たった一度の覚醒剤で、廃人以下の存在になっている芸能人を見れば一目瞭然です。

自分の脳から自ら発する覚醒効果ならば、そんな悲惨なことにならず、成功脳を手に入れられるようになるのだから、薬に依存してはいけません。
私は(さほど依存性のない)薬を海外でやったことがありますが、あんなものに頼るようになったらおしまいです。

脳を正真正銘覚醒させる技術を活用すれば、100年経っても不可能だった自分を劇的に変えられます。
それも短い期間で見違えるほど達成することができます。


変わりたくても変われないのは必ず原因があるのです。
 


BlogPaint

人生を変えたいが潜在意識と脳と精神状態がついてきてくれない その原因と克服方法

カテゴリ:


success
成功脳をあなたは実は有している


ただ使っていないだけです。
潜在能力を発揮していないだけです。
成功者や人生が充実している人間は、成功する脳みそを駆使しています。
成功できない人は、脳みそを一生懸命駆使しようとしているけれど、本当の意味では働いていません。

顕在意識で努力するだけで、潜在意識と一体化していません。
これでは同じ一生懸命働いたとしても、成功実現はできないはずです。

成功者とそれ以外は、潜在意識や脳を本当に駆使できているかどうかのの違いだけです。

このままジリ貧で人生を送らないために、使っているようで使えていない脳を覚醒させるのかどうかなのです。

潜在意識を根底から変えると脳も覚醒していく


脳を覚醒させると言っても、まったく違う脳が生まれるわけではなく、あくまで覚醒するわけです。
潜在意識が大きく変わることで成し遂げられます。
だからベースはあなたの脳みそです。
だから人格が変わるわけではないですし、洗脳でもありません。

自由な脳になるための覚醒です。
脳が極度に活性化させることで、普通の脳みそが成功脳に変われます。
脳がフルに活性化している経験を持っていない人は、不幸だと思います。
せっかくの宝があるのに、実感できていないわけですから。

脳を覚醒させる方法は、脳トレーニングや瞑想と言った低次元のレベルのものではありません。
どれも力不足な方法なので期待するだけ無駄です。

逆にそれをやったために、自分の脳をますます頼りないものにしてしまう危険性があります。
下手に脳トレをやると、凡人の脳以下になってしまうリスクがあります。


時は残酷だし、お金は自分を変えてくれません


私はそれで多くの時間を活かせず、気付いた時にはあれよあれよと中年男性になっていたのです。
時の流れは残酷ですね
いつかできると思って何も行動していないと、いつまで経ってもできない男になってしまうのです。

私の中年男性像とはまったく正反対の、手の施しようがない半人前の中年になっていたわけです。
もともと私は経営者の父を持つボンクラボンボンでした。
お金も時間も自由にあった方ですが、しかしいくら恵まれた環境でも、自分に満足していなかったら幸せではありません。

幸せになるために、自分の力で成功を掴み取るために、だから1500万円以上も自己啓発系や潜在意識開発系に散財してしまったのです。



人生目標が定まり、結果を出す脳が自動的に作動する成功脳

脳に刺激を与えられないまま、決定的な感覚を日常や仕事で得られないままだと、脳は本当に滅んでいきます。

皆努力しているはずなのに(この際、努力できない人間は無視して話をします!)、なぜ遊んでいるような人に大差をつけられてしまうのか?


結局は脳の経験値です。
成功脳になっている人は、そうなる経験値を蓄えてきています。 


もともとの脳の出来不出来にはなんの差はありません。
天才だから成功できるわけでもなく、逆に天才的だから大失敗をしてしまって、路頭に迷うなんてことはたくさんあります。

スポーツもそうですよね。
神童とか天才とかもてはやされていた人が全くパッとしなくなっていって、凡人とかセンスが無いと言われた選手が見違えるほどいい選手になっていっています。
 

自分の脳を信頼していますか? 成功脳はそこから生まれます



成功脳のメカニズムというのは、生まれてから今日までの、各自の成功した体験と失敗した体験の全部を感覚としてデータ活用します。


そして、ある目標

  • 成功してやる
  • 金持ちになってやる
  • 人生を変えてやる
  • 試験に合格してやる
  • あの人を口説き落とす!
が与えられると、脳と潜在意識は活発に活動してくれます。

成し遂げるために何を遂行するのが最適なのかを、異常に高い精密性で即座にレクチャーしてくれるのです。

自分の脳を信じて下さい。
信じられない人は、自分の可能性を信じられるようになる方法があるので、このブログを読み進めて下さい。

私はいまいち頼りなかった自分を真に信じることが出来た強い実感を経て、大きな成功をビジネス面で収めることができました。 

 

成功体験が少ない人はいざという時に不安の感情に襲われて何も出来なくなる



しかし、「できない」という経験値が高い人は、いざという時不安と心配が脳を支配します。
潜在意識も不安と恐怖感で、貴方の意思と行動力を邪魔してきます。

成功脳とは真逆の働きです。


いっくら脳みそを振り絞っても、いくら人生を変えようと頑張っても無駄です。

やるだけ不安と心配と、いずれは恐怖感に支配されて身動き取れなくなってしまうのです。

そんな人がいくら自己啓発の成功メソッドを学んだところで、行動に移せませんし行動してもうまくいかない結果に終わって、自分はだめだという確信を強めてしまいます。

だから、それを完全に打破する脳への大きな刺激が必要です。
潜在意識を変えるにしても理論でわかるのではなく、実際に変えていかなければ未来はありません。


怯えと不安の脳と心を大きく上回らないと人生は変えられない

まず自分の理性(メンタルブロック)を上回らなければなりません。
さらに潜在意識が発してくる怯えや不安や恐怖に打ち勝つ必要があります。
そして、心配があっても、乗り越えられる精神状態にならないといけません。

そんなことは普通のやり方では不可能です。
事実、みんな普通をやって人生はおろか、自分すら変えられていないのですから。


自己暗示をかけても「できない」自分を強く信じ込んでしまうことを私は繰り返してきました。
自己啓発をしても、潜在意識開発に励んできても、そんな私だから無理でした。
できない人間がいくら自己啓発をやってもできないのだから出来るわけがありません。

そのための自己啓発ではないかと言われるかもしれませんが、自己啓発にはできない人間からお金を搾取するシステムだけがすごくて、中身はほとんどありません。
理論的に正解なことを教えるだけで、成功するための正解ではないんですね。


自己啓発はあなたを救ってくれない、あなたが自己啓発業者を救っているだけ


人生を一番変えたいと思っている人が、一番人生が変わらないという最悪な状態になってしまうのです。
だから、うまく行かない人にとって人生って苦しいですよね。

浮かばれないままの人生で中年になり、老人になり、何もできないまま死んでいくなんてことは、私はごめんでしたが、そうならざるを得ない道を歩んでいました。


だから、理性と悪い感情を上回る精神状態に入り、脳が覚醒した状態に入ることで、内面のマイナスと不安の経験値を潜在意識から破壊して、脳をリセットすることから始めないといけませんでした。

マイナスが脳からなくなり、潜在意識と脳から変われる方法はこちら
をご覧ください。



それをしたら、はじめて脳がリセットされてプラマイゼロになります。

そこから成功脳に変わる道が出てきます。
人生をリセットして、再び活性化した脳で走れるようになります。

その時の充実感を皆さんにも味わってほしいと思います!

このブログを読んで、脳を覚醒し、潜在意識と人生を大きく変えられるように祈っています!

BlogPaint

このページのトップヘ

見出し画像
×