タグ

タグ:潜在意識を変える

潜在意識が変わる時:瞑想中に注意すべきこと

カテゴリ:
潜在意識を変える方法 瞑想のコツと効果

潜在意識を変えるには変性意識状態が不可欠

自分の潜在意識を変える時、人は変性意識状態に突入していなくてはなりません。
では、どうすれば変性意識状態に入れるのでしょうか?
それは瞑想や呼吸法が自分で入れる一番身近な方法でしょう。


瞑想中、求めては駄目です。
私は瞑想をして別の何かになろうと思って、求め続けていました。
結果はまったく効果なし。
それは瞑想が悪いというよりも、私自身が悪かったわけです。


瞑想にはコツがある。潜在意識を変えるにも欠かせないコツがある

瞑想にはコツがあります。
これは変性意識状態を深めるコツでもあり、潜在意識を変えるコツでもあり、ひいては人生や自分を大きく変えるコツにもつながるので、ぜひ知っておきたいところです。


潜在意識を変えようとしても、どうしたらいいか誰もわかりません。
ただし本には変性意識、瞑想の効果が重要だと書かれてあっても、やってみると雑念だらけで落ち着きません。
自分を変えることはとても難しいと直面し、すぐに瞑想に飽きてしまうのが多くの人の現実です。


瞑想は最初一人でやってはならない

だから自分の力でやることはとても遠回りになります。
瞑想の指導者のもとで瞑想に頑張るのが一番です。
そして、瞑想状態、変性意識状態が本当に深まった時、はじめて潜在意識の扉が開きます。

潜在意識に突入するには、雑念、理性、マインドブロックを排除し、それらと戦わずに、すべてを受け入れてしまうことが必要になります。
これがとても難しい。

どうしても邪魔なものを排除しようとしてしまうし、嫌なものは嫌だと思ってしまうから、その塊を感じるだけでもストレスになります。
だから、瞑想をやってもストレス解消どころか、ストレスがひどくなるのもそのためです。


瞑想は難しいが、コツを掴めばすごい効果がある

瞑想は言われているほど理想的に事は運びませんが、しかし、瞑想の効能は素晴らしいものがあるのも事実。
多くの成功者が、己の潜在意識と対話し、自分を知り、すべてを知り、脳をクリアにして心の曇りを取り払った状態で仕事をしています。
だから、瞑想の効果を知っているし、毎日日課にしている人が多いのです。


潜在意識を変えることができるのは、人が強く念じたときではなく、変性意識状態で強く思えたときだけだと思っていいと思います。
強く願えばすべての願望が達成できるほど、自分という存在は甘くありません。

自分を騙すぐらい、つまり自分の理性、雑念、マインドブロックを超越した精神状態下で、自分の潜在意識と対峙し、潜在意識で障壁となっているものを一つ一つ解決していくことが必要です。


潜在意識と顕在意識

潜在意識は、普段の私達の顕在意識では覗けないものです。
多くの潜在意識書き換え術は、顕在意識でやるものがほとんどです。
顕在意識の中で、もがくだけで潜在意識に一つも響いていないなんてことが一番もったいないです。

だから、必ず変性意識状態に入ることが大事、そしてその道の指導者の下でやったほうが遥かに時間も効率的に使えます。
自分の力で瞑想をやることはいつだってできますが、指導者のもとでやる機会はなかなかありません。


雑念とは自分自身、自分の過去と現在そのもの

いずれにしても、瞑想中、雑念をどう処理するかが重要です。
雑念は排除することはしない。
これは忘れないでください。

雑念は自分の過去の、または今置かれている状況が様々な形で浮かんできたものです。
つまり、とらわれている状態です。
心が囚われているのは、まさに自分自身にとらわれています。
だから、排除しても自分である限り不可能だということです。

自分を受け入れること、雑念も受け入れること、正真正銘の自分に出会うためにはそれしかありません。
正真正銘の自分とは潜在意識に存在しています。
そこに到達するためには、すべてを受け入れることです。
できれば愛することができたらベストですが、嫌な自分を愛することなんて最初はできません。


潜在意識を変えられる時、多くの気づきが殺到する


まずはこだわりなく「まあ受け入れてやろう」ぐらいの軽い気持ちでいればいいと思います。
瞑想状態が深まれば、別の達観意識に到達します。
自分を許せてしまうとか、自分とは何者かわかってしまうとか、愛の感覚がわかったり、瞑想状態は不思議な現象を体感させてくれます。

その状態こそが、潜在意識を変えることができる理想的な意識状態です。
だから、本を読んでも自己啓発セミナーに参加しても、潜在意識を感じることもできず、顕在意識の表面だけで終わってしまう理由がわかると思います。

参考になるブログ紹介

瞑想のコツ、瞑想の効果が書かれてあります
瞑想のコツと脳覚醒 覚醒瞑想体験記ブログ




カテゴリ別目次

潜在意識は嘘つき。しかし本当の嘘つきは顕在意識?

5

カテゴリ:

潜在意識と顕在意識へのアクセスと嘘

顕在意識と潜在意識、どちらが本物なのか?

顕在意識と潜在意識のズレが私たちを苦しめています。
こうなりたい理想の自分を制限してくる潜在意識。
実は潜在意識は理想の自分を求めていないのかもしれない。

顕在意識で思ったこと、潜在意識の願望、いったいどちらが本物なんでしょうか?


顕在意識では強く思えても、潜在意識に抵抗されたら意味がない

いずれにしても言えることは、潜在意識に拒否られたら、自分を変えられない、ひいては人生も変えられないということです。

だから潜在意識を変えることができなければ、何にもできません。
顕在意識でいくら決意しても、二、三日はその決意はもつかもしれませんが、一週間後にはすっかり鈍っているものです。


潜在意識を知ること、いいところではなく弱点も含めて

潜在意識を変えるには、自分の潜在意識がどんな願望を持っているか知ることが重要です。
変わりたいのに変わりたくない、それを認識できるだけでも、自分を知れます。

自分を知った人間、しかもその弱さを認めることができるのが本当の強さなんだと思います。

敵を知り己を知れば百戦危うからず、と言いますが、徹底的に自分を知るべきです。
残酷なぐらいに、自分の弱さも強さも本当の願望も受け入れるべき。

潜在意識をごまかすことはできません。
ならばあるがまま、ありのまま自分を受け入れることです。


潜在意識へのアクセス。理性は役立たない

しかし自分の顕在意識と違って、潜在意識を知るには感覚的になっていなければなりません。
潜在意識の自分の願望や状態は、とても単純です。
顕在意識のように理路整然と語れる類のものではありません。

潜在意識は感情と感覚です。
理性で判断すると見誤ります。

不安なのか、自信なのか、喜びなのか、焦りなのか、奥底に抑圧された負の感情を知ることができれば、それが潜在意識を知ることにつながります。
いい感情があればその感情の波に乗って、そのまま動けばいいだけです。

楽しい、快感といった感情はモチベーションをどんどん作り出してくれます。
最高に乗っている状態です。

悪い感情も自分を変えるのに役立つ

しかし不都合な感情があってもうろたえることはありません。
悪い感情は反動に使えます。

人は不安や恐怖からの脱出に一番エネルギーが湧いてきます。
爆発的なものです。


ただし長続きしません。
だから、その使い分けが重要です。
どちらにしても、潜在意識に眠るいい感情も悪い感情も、自分と人生を変えるとてつもないエネルギーです。


それを発掘することがお金持ち地位も名誉も幸せも獲得できてしまう秘訣です。


カテゴリ別目次

貧乏人とお金持ちの差 潜在意識を変えるとお金が入ってくる理由はコレ!

5

カテゴリ:
photo-1510034141778-a4d065653d92

とてつもなく恐ろしい潜在意識。貧乏人かお金持ちになるか決定してしまう

お金持ちになる方法として、潜在意識を変えることが必要です。
まずはなぜ潜在意識を変えないと貧乏なままなのか? それから述べていきたいと思います。

潜在意識は人間のすべての意識を影から完全に支配している意識です。
顕在意識で逆らっても潜在意識には絶対に逆らえません。
よって、潜在意識を変えることは、小手先の方法では変わりません。

潜在意識を変えるには、潜在意識の恐ろしい働きを知っておくべき

しかし、思ったことはすぐ潜在意識に浸透していきます。
ただし悪いことばかり潜在意識に入っていってしまうのです。

なぜ良いことは染み込まないのに悪いことだけ? 言霊? 言葉に波動があるから?
それは人間の特質にあります。
悪いことは容易に想像がつくけれど、自分に起こったことがない未来の良いことは想像しにくいからです。

人間は本来、常に緊張や恐怖や不安の中で暮らしてきました。
原始時代からそうです。
常に身の危険をそうやって避けてきて、今の僕らがいるのです。

だから潜在意識と不安や恐怖の感情は密接で、悪いことはその環状により簡単に潜在意識に浸透します。

お金がない、能力がない、貧乏だからと言ってすねていると…

貧乏の恐怖感もそうです。
将来自分が貧乏で暮らすことを考えたら恐怖で不安になります。
だから、お金持ちになろうと行動を起こして、それが社会を回す原動力になっています。
うまく貧乏への恐怖を反動に使えたいい例ですね。

だからこそ、もし貧乏な状態の人が「貧乏」を理由にすねて生きていたら?
お金持ちになりたいけれど、できない理由ばかり口に出していっていたら?
それは言霊となり、潜在意識に染み込みます。
だから、常にネガティブな言動の人は、どんなにお金持ちになろうとしても、自分で行動をせき止めてしまいます。

ネガティブな思考こそ潜在意識には筒抜けだ

よく貧乏な人には貧乏な波動が出ていると言われます。
これではお金が逃げてしまうというぐらいの貧乏神にとりつかれたオーラを放っています。
そういう貧乏な人は、「どうせ」「なにをやっても…」というセリフを吐きます。
どこか諦めていたり、すねています。
そこまで極端じゃなくても、潜在意識のどこかでマイナスを意識して生きているため、何をやってもうまくいきません。


貧乏だからこそ、諦めずにお金持ちになった人がいますが、大部分は潜在意識の貧乏性まで変えられないまま、やることなす事裏目に言ってしまっています。
なぜなら、成功者は1%しかいない事実がそれを物語っています。

貧乏じゃなくても、潜在意識においては同じことです。
諦めぐせがついていませんか?
成功したいと願っても、どこかで諦めて自分で能力を制限していませんか?

貧乏癖とお金持ち癖(成功癖、勝ち癖)

貧乏な人は貧乏だからではなく、思考が貧乏なだけです。
一方で、お金持ちは勝ち癖を持っています。
自分を潜在意識の底から信じられているから、成功が成功を呼ぶ図式というか方程式を持っているんです。

人生勝ち続けられる人と負け続けてしまう人、その差は潜在意識から圧倒的な差になっています。
でも、思考としては「自分はできる」と思えるか「無理かも」と思うかの差だけです。
毎日、勝ち癖がついている人間の潜在意識への蓄積と、諦めやスネを毎日潜在意識に強く言い聞かせてしまっている(無意識で)人は、五年後とんでもない格差となってあらわれます。

もしかしたら貯金の量は潜在意識の状態を表しているのかもしれない

それはお金を持っているかどうかの差で見たら一目瞭然です。
だから、潜在意識から変わることはとても大事です。
潜在意識を『意識』していないと、大きなしっぺ返しを喰らいます。

潜在意識はマイナスの感情をすぐ拾い上げます。
プラスの感情を入れ込むことが難しい(想像しにくいから)ことをまずは知っておくべきです。


つまり、今やるべきことは、ネガティブな言動を絶対にしないということです。
なんでも都合よく捉えて、前向きな思考に切り替える癖をつけることです。


潜在意識から人が変わった時、勝ち癖がつき、成功が成功を呼ぶ理想の人生になります。
絶対に貧乏神にとりつかれた思考だけはしないでください。


photo-1510034141778-a4d065653d92





カテゴリ記事

結果を出せる経営者もお金を稼げる人間も、みんなある条件を自分に課している

5

カテゴリ:
time-is-money-1238344
成功者、お金を稼げた人がみんなやっていること


結果が出せる経営者、個人事業主、そしてビジネスパーソンもそうですが、みなある条件を自分に課して仕事をしています。

それは、脳を活性化させ、ある意味覚醒させ、潜在意識と顕在意識が一体化して、結果を出せるやり方です。


これがない人は、何をやっても、時間をいくら考えても、そして闇雲に行動しても無駄な労力を使って、結果がついてきません。


成果を出すタイムリミットを短期間に設定する

成功者は、みな数カ月先に結果を出す設定を自分に課しています(経営者は部下に命じます)。

3ヶ月先に売上を倍にする、それ以外考えない、考えられない思考です。

そうなると、脳が目まぐるしく動きます。

絶対に結果を出さなくてはいけないのだから。

潜在能力も発揮できないと達成できないため、いつもは顕在意識上であれこれ考えていたものが、より深い潜在意識のパワーを使えるようになります。

そうしないと期限までに間に合わないからです。


惰性とは対極の思考=タイムリミットを設ける

1,2年後にはお金持ちになっていたらいいな、なんて悠長なことは言ってられません。(そういう人は例外なくなんにも変わっていません)

時間に期限を設けて、なんとしても結果を出すと、経験した人はわかるでしょうが、自分じゃない、もっというともっと深い位置の脳が作動します。

脳がギラリと光る、そんな表現でいいのかわかりませんが、これまでの自分とは明らかに違う脳の動きが発生します。

結果を出せる人間は、その脳を例外なく持っています。


もしかしたらあなたも受験の時に、そんな脳と潜在意識になっていたのかもしれない

受験という期限がきっちりと決められていて、なんとかして合格をしなければならない。

そういう時の精神状態を思い起こしてください。

勉強じゃなくてもいいです。

スポーツの大会を考えてもいいです。

普通の勉強は運動とはちがうパワーを自分の内部に感じませんでしたか?

潜在意識まで動員されたときのエネルギーを思い起こしてください。


結果を出せる、お金を稼げる人は逆算の思考ができる、アイデアが思い浮かぶ

結果を3ヶ月後先に絶対に出しているということは、そのために何をすべきか考え出さなければなりません。

そうなると逆算して、明確なシミュレーションが浮かんできます。

これをやったら、結果はどうやっても出ない、それならば他に方法は?

試行錯誤しながら、より具体的で明確な方法が浮かんできます。

もしも期限を設定せずに、頑張って考え抜いたとしても、抽象的でフワーッとしたものしか思い浮かばないはずです。

いつまでに成し遂げるパワーもありません。

これでは潜在意識も潜在能力も使う必要がありません。

結果を思い浮かべる時、お金(売上)は一番わかりやすい指標になる

結果を出すとは、多くの人の場合、お金を稼いだ額でわかります。

お金は正直です。

ですが、お金持ちになりたいとみんな憧れますが、できるのは10%にも満たない数です。

なあなあで、イメージだけ膨らませて、具体的な思考も行動もできないまま、一生お金に憧れて生きることになります。

だから、経営者や個人事業主は特にそうですが、結果を出せる人間=お金儲けができる人間であるべきです。

学生時代と違って、社会人は利益を生み出さなくてはいけません。

仕事ができる人間、頭がいい人間は、会社組織においては、お金を稼げる人間のことでもあります。

結果を出すとは、お金を生み出すことです。

お金を生み出すには、常に自分にタイムリミットを作り、絶対に達成する執念でなんでも取り組んでみるといいと思います。

私も、その思考じゃなかった時は、本当に甘い考えしかしていませんでした。

知識や経験があっても、実はなんにも脳を使えていなかったですし、潜在意識開発をやっても、なんの効果も出なかったもよくわかります。

人生は期限があります。

仕事にも期限があります。

短いスパンで結果を出すことを考えられる人だけが、本当の頭の良さを持ち(研究職は除く)、お金を稼げる資格を持つ人だと思います。

そして、お金はそんな思考ができる人だけに吸い寄せられてくることは事実です。

それがない人は、お金を放出する側で一生終わるでしょう。


参考になります↓

ある脳の構図がお金をも引き寄せる ~お金を稼げる脳の条件~

脳覚醒の効果 ~超越した脳だけが見える成功の道筋~

仕事で成功するための永続的にモティベーションを上げる方法



脳覚醒潜在意識覚醒

人生が変わる人の絶対条件 お金が稼げる人間は潜在意識を意図的に変えられる人

5

カテゴリ:
潜在意識はお金を運んできます。

money-2696229_960_720


お金が稼ぐことができない人は、潜在意識からお金への罪悪感を持っています。
表面では富を得たい、名声を得たい、お金を沢山稼ぎたいと思っても、実は自分の潜在意識では、それを拒否しています。

だから、進みたいけれど、自分で自分を制限しています。
生きていて、どこかで窮屈さを感じるその実体は、自分のほんとうの意識にほかなりません。
この潜在意識のもうひとりの自分の抵抗を乗り越えない限り、人生は変わらないし、自分の願望(お金を稼ぎたい、幸せになりたいなど)は叶えられません。


しかし、どれだけの人が潜在意識を実感としてつかめているでしょうか。
本で読んでなんとなくわかった気になっているだけで、その概念が知識でわかっても、現実には自分を変えられません。


潜在意識を書き換えるセミナー? 机上の空論が多い

自己啓発セミナーで潜在意識にアクセスし書き換えるセッションや講義を受けた人も多いと思いますが、所詮は机上の空論でしかありません。
つまり、潜在意識理論を使っているセミナーで、潜在意識を全身で実感できないものは、受ける意味はないということです。

時間の無駄、お金のムダで、その時間と労力があるならば、実際にお金稼ぎを実行したほうが遥かにいいと思います。



お金が稼げる人は潜在意識から違います。
お金への罪悪感がまずありません(サイコパスほど大成功するのはそのためです)。
リミッターを外せるため、理性という潜在意識の扉を閉ざす力も乗り越えることができます。
そして、心の底から、お金を稼ぐための結果とその過程を描けるため、短期集中で一直線に行動でき、目的を達成できてしまうのです。


顕在意識と潜在意識が一直線でリンクしているからこそ、その人が思ったことを邪魔することなく、純粋に動けます。
脳もクリアに動きます。


自分のせっかくの可能性を、潜在意識がジャマをすることほどもったいないことはありません。
努力を無駄にしてしまいます。


潜在意識は超越した変性意識状態に入らないと意味がない


潜在意識にアクセスし書き換えることができる状態は、超越した変性意識状態になることです。
自力でそれが作り出せれば、いつでも自分で潜在意識の邪魔する要素を封じ込められ、プラス暗示を自分でかけることができます。

そのために一流の経営者や成功者は瞑想をやっています。
潜在意識の重要性を知識ではなく、感覚で把握しているからです。


ただし瞑想で超越した変性意識状態に自力で入ることは、すごい労力と時間を必要とします。
もしも短期間で、どの自力瞑想の達人を超えたい、そんな時間がもったいないという人ならば、ぜひおすすめの方法があります。
このブログで何度も紹介している方法です。

詳しくはこちらを読んでください。

私が変われた方法 脳の覚醒、潜在意識の覚醒方法とは


潜在意識は一人での力では実感がわきません。
潜在意識にアクセスしようと試行錯誤するならば、お金を稼ぐ、成功するための行動をリスク関係なくやるべきです。
ビジネスはスピードが命です。
潜在意識を書き換えてから、行動を起こそうとする人間は一生お金を稼ぐことはできません。

私も昔はそうだったです。


ある方法なら、お金を簡単に稼げることができる

カテゴリ:
money-2180330_960_720

お金は簡単に稼ぐことができます。
お金を稼ぐことはとても難しいという先入観がありますが、お金が入ってくる時というのは、意外に努力の量に見合ってはいません。
商売で成功した人は、そんな経験を多くしているのではないでしょうか?


お金を稼げる人というのは、努力と労働で成し遂げたのではなく(それは皆等しく努力しているはず)、もっと別の何かで成し遂げています。
それは?
脳が神がかったような、イカれ具合がひどくなったような、脳から情報が洪水のように溢れ出すような、とにかくキレキレの脳になった時に起こります。


これは普通の脳ではありません。
いわゆる凡人の脳でいたら、すべての努力は無駄になりがちですが、脳が覚醒した時に、すべてが一変します。
脳が覚醒している時は、潜在意識から変わっていく状態です。
つまり潜在能力が覚醒している状態です。


この時、色々なアイデアが洪水のように溢れ出します。
私はこの感覚に何度かなったことがあります。
考えても考えても出なかった、お金を稼ぐことができるアイデアが次から次へと溢れ出してきて止まらなくなります。
すごくハイテンションになり、いい意味で落ち着かなくなります。


なぜこんなことを思いつかなかったのかいうようなアイデア、これなら絶対にうまくいく確信を持てるアイデア(凡人脳だったらうまくいくといいなという願望で終わるでしょう)がどんどん生まれでています。
アイデアやインスピレーションのランナーズハイ状態です。
このゾーンに入った状態に陥った人に、お金は簡単に引き寄せられてきます。


これは間違いがありません!
もしもこの脳が覚醒したような、イカれたような、神がかったような脳にならなかったら、一生越えられない壁に何度も跳ね返され、低い次元で落ち着くことになるでしょう。
この脳の覚醒状態になれば、お金を稼ぐアイデアが生まれ、スピードと実行力、そして目的を成し遂げる細かいアイデアに至るまで、次から次へと生まれてくるでしょう。


とても興奮します。
自分に感動するでしょう。
この時努力感なんてありません。
もちろん、凡人脳の状態と比べて、究極の集中力も発揮しているから、時間の使い方も効率的になります。
とにかく楽しい時間です。


そして、お金が稼げるという目に見える結果がついてきます。
凡人の腕はいくら考えても無駄です。
ストレスと疲労を積み重ねていくだけです。
この消耗が、潜在意識に自分はだめだという暗示を与えてしまいます。
努力が仇になるとはこのことでしょう。


だからお金を稼ぐことが非常に難しく、自分には無理だと諦念を抱かせてしまうのです。
しかし、脳が覚醒した状態だと、可能性しかありません。
すべてのアイデアが未来につながっています。
そこにブレはありません。
潜在意識から、潜在能力からすべてが目的達成のために費やされます。
凡人脳の1万倍は、脳の働きが違います。


そして潜在意識から、自分は『絶対にできる!』と思えてならないことがすごいのです。
普通は心配やうまく行かなかったときのリスクを考えて、行動がストップしがちですが、うまくいくとしか思えないのだから、最短距離で目的まで突っ走れます。
明らかに、脳が活性化したことが自分でも実感できますし、脳が動くということがわかります。


あきらかに異次元の脳が動いているような感じです。
シナプスの結合が起こっていることすら実感できるぐらい、脳が覚醒した状態はすごいです。
そして、成功したときの達成感と自分の脳への信頼感は、絶対にお金では変えないものです。
そのくせ、大金が引き寄せられてくるのです。


私のような凡人でもそうなれたことは、脳の神秘性や異次元性をあらわしている証拠です。
脳が浅いレベルで酷使してもなんにも見返りを生んでくれませんが、深い次元で活性した時、同じ自分の脳とは思えないほど、インスピレーションがすごいです。
これをぜひ味わってほしいと思います。
特に、経営者や個人事業主、芸術家の人たちに。


お金を稼ぐことはとても簡単です。
ある脳の状態になってしまえば。
しかし、お金を稼ぐことが難しくしているのは、脳が凡人脳のままでいるからです。
そこに明るい突き抜けた未来はやってこないでしょう。


ある脳の構図がお金を引き寄せる


潜在意識を変えると人生変わるし自分も変わる。が潜在意識はまず変えられない

カテゴリ:
umbrella-1587967_960_720

潜在意識を変えることで成功実現する? 引き寄せの法則に踊らされたら

潜在意識を変えるとか、潜在意識を書き換えるとか、潜在意識を高める、イメージの力を使う、引き寄せの法則があります……と自己啓発やスピリチュアリティをかじっていると必ず、それらの文言に行き着きますよね。

しかし、ネット上でも自己啓発書や自分を高める本すべての言及者は、理論しか話せていません。

ただ潜在意識ってすごいですよ、こんなに変えられる可能性がありますよ、と紹介してくださっているだけなんです。

そんなことに踊らされている人はどれほどいるのでしょうか?

潜在意識を変える的な理論はお腹いっぱい


限られた人生の時間なのに、潜在意識を変えれば人生変わる! 自分を変えられる! と思って、くだらない魂に響かないことばっかりやっていると、本当に実りのある時間を失ってしまいます。

ましてそこに自己投資だといって、お金をバンバン費やしてしまったら目も当てられません。

自己啓発や成功するためにスピリチュアリティを海外や日本でやってきた1500万円使った経験者から言わせたら、こんな人生の浪費はありません。


潜在意識の専門家に専門家は一人もない


潜在意識は願望だけじゃ変わらない、専門家の言葉を鵜呑みにしてはいけません

潜在意識は普通のやり方では変えられません。

もしくは覚醒剤や麻薬をやって脳みそを破壊したら、潜在意識を変えられるかもしれませんが、人間として終わっている存在になりたいですか?


潜在意識を扱った本はどれも「フーン、すごいね、さすがだね」と軽くとらえていればいいと思います。

そんな暇があったらすぐさま行動を起こして動きまくっていたほうがいいに決まってます!



意識・意思の力は潜在意識の不安と恐怖に太刀打ちできません


潜在意識は思っている以上に手強いです。

意識では私たちは成功したいとか自分を変えたい!と強く思えますし、やってやろうという気になります。

しかしすぐに潜在意識が重しとなって行動力が鈍っていきます。

あるいは潜在意識から不安や心配や迷いが漂ってきます。

その匂いを嗅いだだけで、モチベーションが高まっていた意識が急にトーンダウンしていきます。

それでいつまでも自分を変えられず、人生も変わらないまま、潜在意識の支配下に意識がいつまでもおかれてしまうんです。

潜在意識は臆病で保守的です。

それも度を過ぎたほど意識の邪魔をしてきます。

そして潜在意識は、理性が届かぬ世界ですので、自己説得も効果が全くありません。



喜びの感情も潜在意識の不安と恐怖に圧殺される


潜在意識は感情で支配されています。

不安や恐怖という感情は人間の中で最も強い感情です。

世界一幸せの絶頂にいる人間ですら、明日死ぬか不治の病と宣告されたら、幸福感が消え失せて、不安と恐怖に支配されてしまいます。

それまでの幸せがどこいったの?というくらいにです。

逆にそんな不幸のどん底に落とされた男に、急に幸せが舞い込んだとしても、一瞬は気持ちが楽になるけれど、すぐに現実の不安感と未来への恐怖感に支配されます。

潜在意識は常にこの不安と恐怖が渦巻いています。

この量が多いほど生きづらさが増します。

酷いと死よりも苦しい精神疾患や○○障害やうつ病になっていきます。

潜在意識の恐怖や不安は、もともと人間の防衛本能と密接に関わっていて、自分をより良い方向に導くためのもの(危険から身を避ける)なのに、潜在意識の不安・恐怖量が増えたら、逆に破滅していくのは怖いことですよね。

本当に恐怖や不安で支配されている人は何にもできなくなると思います。



成功願望がいくら強くても潜在意識に意識が説得されて動けなくなる


成功のために人生を変えてやろうという意気込みを持っている人ですら、潜在意識の不安と恐怖が「そんなんで本当にいいのか? やばいぞ、失敗するぞ、リスクだらけだぞ、怖いぞ、大変だぞ」と問いかけてきます。

それが自分の潜在意識なものですから、毎日毎時間それをいい続けてきます。

それでは意識がいくら今日こでも、潜在意識に負けてしまうのもしょうがないです。

だから意志の力が足りなかったから自分を変えられないんだと必要以上に卑下することはありません。

自己否定感ほど行動力を鈍らせ、潜在意識の不安と恐怖を増加させてしまうやばい思考はないですから。

自分を変えようとしても変えられなかった人は、半生はしても自分を否定するようなことは絶対にしてはダメで、潜在意識がそれほど手強く刃が立たなかったという認識でいればいいと思います。



潜在意識の専門家が潜在意識を根底から変えられていない現実



なぜなら、潜在意識は無意識とも言われているように、意識の力では敵わないのです。

幸せな感情ですら潜在意識の不安・恐怖に一瞬で消化されてしまうのですし、意識は無意識に勝てっこないんです。

だから、潜在意識がどうこうと素晴らしさや凄さを紹介している人ですら、潜在意識を変えられてはいません。

変わったと思っているのは、潜在意識だと思っているけれど、顕在意識と言われる分野である錯覚が大きいです。

潜在意識や自己啓発の専門家ですら、その程度ですので、自己否定する必要はどこにもありません。



潜在意識に自分の意識を深く入り込ませ自分を根本から変えられた方法


自分を変えることはそれほど大変なことです。

私のようにお金を湯水のように馬鹿みたいに投資しても変えられませんでした。

変わろうと頑張っている自分が好き程度のものでした。

しかし、潜在意識の中に意識を潜り込ませる方法と出会ってからは、すごく手強く感じていた自分の潜在意識も、さほどのものではないと思い始めました。

前回紹介した岩波先生の脳覚醒技術は、まさに潜在意識に私たちの意識を深く潜り込ませる凄技でした。

潜在意識の中に入れると、そこは感情や感覚だけの魅惑的な奇跡的な体感が待っています。

私が瞑想や海外でスピリチュアリティを追い求めていた時に殆ど感じられなかった体感のすごさが、岩波先生の力と技によって誰でも得られることが信じられません(もちろん訓練や気持ちの強さでそこに至る時間差が発生しますが)。

私のそれまでの時間とお金は何だったのだというぐらい、衝撃的なそしてとってもうれしい体験でした。

1500万円が一気に回収された瞬間でもありましたから、その嬉しさといったら言葉に出来ません。


潜在意識は目に見えないからみんな好き勝手言えている


同時に潜在意識がどれだけ私たちの意識にとって手強いものかもよくわかります。

脳覚醒の凄さを知ってしまうと、潜在意識を変えれば人生が変わる、とか引き寄せの法則とか願望実現と言っている人たちが、小さく感じられます。

納得はします、へーっと思います、しかしそれで何が変われますか? 実際に変わることができましたか?

誰ひとりとして人生を変えられた人はいないと思います。

それはあまりに陳腐すぎるからです。

彼ら彼女らは潜在意識を紹介している自分が好きなだけです。

そして潜在意識を証明できないから、偉そうに語れるだけです。

理論だけで本物ではない情報に振り回されているなんてもったいないことはないです。

しかし、実際に潜在意識に意識を深く強烈に潜り込ませられる岩波先生のすごさを知ってしまうと、みんな一度弟子入りをして、自分の不明を恥じてほしいとすら思ってしまいます。

ちょっと言いすぎてしまいましたが、潜在意識の専門家としてお金をとって活動しているからには、一度本物を体感してほしいと思います。


ですから潜在意識は変えられるし人生だって大きく変えられる


潜在意識は変えることは非常に難しいですが、不可能ではありません。

だから自分を変えることも人生を大きく変えることも可能です!

これまで私のように無駄なお金と時間と努力を、潜在意識を変えるために費やしてしまったアホンダラでも人生を大きく変えられました。


BlogPaint
(当記事)潜在意識を変えると人生変わるし自分も変わる。が潜在意識はまず変えられない

 















このページのトップヘ

見出し画像
×