タグ

タグ:自分を変える方法

潜在意識を変える方法 潜在意識が変わる条件に導ける唯一の人間

カテゴリ:
changemind

潜在意識を変える方法 変えられた方法を書く前に、そもそも潜在意識とは何か?


潜在意識ってなんでしょうか?

人間には顕在意識と潜在意識(無意識)があり、人が普段意識していない、意識できない部分を潜在意識といいます。

顕在意識は5%から10%しか使用しておらず、圧倒的に多くの90パーセン以上が潜在意識で構成されています。


潜在意識の力は圧倒的。変えたくても変えれない

今の自分の考え方や行動は潜在意識によって決められています。

自分を変えたくても、考え方や行動が改まらないのは潜在意識を変えることができないからです。

しかし、この潜在意識というのがとても厄介なやつでして、実は変化を歓迎しません!

全くと言っていいほど、いい方向に変わることすら拒否ってくるのです。


人は一瞬は変わろうと思う。でも潜在意識の力でいつもの癖に引っ張られてしまう

人生を変えよう、このままではダメだ!

こう何度決心をしてきたことでしょうか?

でも、結局元の木阿弥に戻っていませんか?

変わることを恐れる潜在意識が、元の自分に戻そうとする巨大な力が働き、顕在意識の力なんてその前ではちっぽけなものだと思い知らされます。


潜在意識は自分を守るために、変化を恐れる

こちらにおすすめのサイトがあります。
変化を恐れるな! 変わることを恐れない!

こちらのサイトにも書いてあるとおり、変化をすることを感激すべきなのに、もう一人の自分は極度に恐れてしまうのです。

潜在意識の強大な働きによるものです。

変わることは負担を強いますし、緊張や不安をもたらします。

この不安定な状態を潜在意識は許しません。

変わることを危険思想だとして、封じ込めてしまいます。

それも不安や恐怖という強大な感情の力を駆使して邪魔をしてくるのです。

だから、決して自分を変えようとしても、人生を変えてやると一大決心をしても、潜在意識を変えることができず、いつも堂々巡りをしてしまいます。

この壁を突破させてくれる人が、日本に唯一います。


潜在意識を説得できる唯一の存在

潜在意識を『変化は歓迎すべき』と説得できる状態になれば、理論上、潜在意識を変えることができます。

ですが、言うは易く行うは難しで、こればかりはどんなプロでも困難なことなんですね。

実際、多くの人が瞑想をやって自分を変えよう、潜在意識にアクセスして変わる方法を模索しています。

自己啓発セミナーでも、潜在意識改造セミナーのようなことをやり、恐怖や不安やテンションの高さを使って、潜在意識にアクセスさせて、無理やり自分を変えさせようとしています。

しかし、ほとんどの人が変わっていないですし、一瞬だけ変われそうな予感がしただけで、あとは結局潜在意識の変化を恐れる力によって、元の木阿弥になっていますよね。

催眠療法による暗示も潜在意識に働きかけるものですが、これも理論倒れをしているようです。

催眠療法の効果について(こちらを参考にどうぞ:外部リンク)

どれだけ潜在意識の扉が開放させることがプロでも難しいかよくわかります。

本当に難しいですし、相当私も苦労してきました・・・・


ただし唯一潜在意識にアクセスさせてくれる人がいます。

この記事中に紹介したサイトやブログにも紹介されている岩波先生です。

あのスティーブ・ジョブズも受けたがっていた

岩波先生は圧倒的な潜在意識アクセス技術を持っています。

岩波先生の評判を調べれば、別格すぎるぐらいの存在だと言っている人が多いです。

確実に潜在意識にアクセスさせてくれるからすごいです。

瞑想を長年やり続けてきた有名な企業家も、岩波先生の誘導瞑想技術で、さらに成功を収めていった話を聞いたことがあります。

あのスティーブ・ジョブズも曹洞宗のお坊さんから岩波先生の噂を聞いて、生前受けたがっていた話があるぐらいです。

潜在意識を変える方法 それは潜在意識が顕在意識に融合された時に可能になる

潜在意識にアクセスできた時の状態は、トランス状態とか脳覚醒状態と言われていて、明らかに感覚が変容して(変容しすぎてすごいという感想しか出ません)、潜在意識が顕在意識と一体化しています。

顕在意識は自分で自分を説得できる状態なので、顕在意識化した潜在意識を自分の言葉で説得できるのです(岩波先生の説得をしてくれます)。

つまり、変化は歓迎すべきだということ。

変わることを嫌がるマイナスのエネルギーを沈めてやることもできます。

また潜在意識に組み込まれて外せなくなった、自分の力を制限する障害も解決することができます。

心の掃除をしながら、潜在意識のバグや防衛本能、無変化への強制力を解決していくことが確実にできます。

潜在意識から変わらない限り、自分は決して変わらないし、人生はもっと変わらなくなります。

潜在意識が強制してくる運命に抗うのならば、潜在意識本体をぶっ飛ばすことをしない限り、変えられるチャンスは二度とありません。

関連ブログ記事
潜在意識を変える方法 脳覚醒技術について

本能と潜在意識と原始的な脳を無視すると、生きづらさと鬱が忍び寄ってきます

カテゴリ:

brain_money_change_life
成功脳が働かない原因と対策法3


原因3


本能を発揮する脳が死んでいく現代


最後の問題点は、現代人である我々が、情報の洪水の中で生活していることに関係しています。
ほとんどの人が、断片的な収集がつかない思考によって心情を満たす習慣を身につけています。


あまりに情報が氾濫し、動物として必要な本能を押さえつけて、理性だけを酷使して我々は生きざるを得ません。

そして、本能や原始的な感情は悪だと社会から教わります。



本来の潜在意識と脳の活動領域が狭まっている


脳の表面的をかき乱す雑念と思考の騒々しさと比較して、脳と潜在意識の領域は現代生活ではかなり制限されてしまっています。

あまりの情報量で打ち消されて、本来の心の領域を無視して生きるようになってしまいます。
現代人の一番の弱点は言うまでもなくそこです。


そこが生きづらさを生み出します。
自己啓発セミナーや瞑想やスピリチュアリティが流行るのも、その裏返しとも言えるでしょう。



成功者と凡人の脳と潜在意識の活動量の差


本能を大事にできない人間は悩みを引き寄せやすく、本能を豊かに利用している人はタフだったりします。

私は理性の塊で、脳みそはいいほうだと思って生きてきましたが、全然使いこなせていなかったことに気づいた時は、愕然としました。


しかも、生きづらさを味わい、「人生とは悩むこと、耐えること」なんだと思い知らされたのです。
経済的に恵まれていましたが、精神的には貧者でした。

しかし、今は人生は楽しむもの、目標と結果に向かって邁進していくものだと思っています。

行動力から何から何まで人生が変わりました。

成功できる素質を獲得できたと勝手に思っています。
昔と比べて脳がフルに動いていると実感しています。
どれだけ昔は脳が活性化していなかったかという話でもあります。

自己啓発セミナーや海外でのスピリチュアリティ体験を経てもそんな人間だったのは恐ろしいです。 



対策法3

潜在意識から変わるのにあまり大した方法はなかった

成功脳を手に入れるためには、潜在意識の奥底と脳内の本能クラスにダイレクトにアクセスすることが不可欠です。 

理性を大きく越えた、意識の力も遥かに及ばない精神的な深い世界に身をおくことだけです。


人は瞑想を行なったり、ヨガを開始したり、気功をやったり、座禅をしたりしますが、私はあますところなくやりましたが、どの方法も力不足に感じました。
私が悪いのもありますが、時間がかかりすぎます。
実感もないですし、やるほど迷いが入ってしまいました。


一時しのぎに終わっている潜在意識アクセス法


世界中でも皆、精神世界とアクセスしようと奮闘していますが、自己啓発セミナーと同じで一時的な気分高揚や安らぎの変性意識体験を得るだけで、それ以上には達していませんでした。


これは長くやっている人が人生が変わっていないことを拝見しても、大したパワーはありません。

しかし、世間には瞑想やヨガが非常に小さく思える方法があります
(決してそれらをバカにしているわけではありません。あまりにその技術が高レベルですごかったのです)。



潜在意識に深く誘導し脳を活性化させる方法が現実にあった



私が自分を変え人生を変えるために運命をかけたのは、脳を覚醒させることにより、人生を変えていく方法でした。

脳覚醒技術と言われるものは、まさしく本能と潜在意識の一番深いスポットに誘導してくれます。

この体験のすごさについて、数え切れないほどの人がインプレッションを述べています。

脳覚醒技術のインプレッション1 脳覚醒技術のインプレッション2 脳覚醒技術のインプレッション3 


本能が蘇生され、脳が刺激され、すごいパワーを内面に感じることができます。

生きていてよかったという実感が強くなります。

それって本能の源から発する力です。


現代人がずっと忘れてしまっている感情のパワーを、私は脳覚醒技術で味わいました。


変わりたいのに変われない、変わる方法がないって悲惨です



脳の覚醒体験を経過しないことには、潜在意識なんて少しも変えられないし、自分も人生も変わらない。
これまで人生を変えることに血道を上げて、その割にからきし変われなかった自己証明だけをして、そのまま徐々に命の炎が消えていくことになるなんて、報われないしやるせないです。

そんな人生って無念じゃありませんか?

もともと諦めて生きている人はいいんです。
しかし、何のために人生を変えようと頑張ってきたんですか?

変われないのはしょうがないことだったけれど、これらは自分を大きく変えられる技術があります。

これを受けずして生きているのは、人生最大の損をしています。
自分が変われる実感を心の底から得てみて下さい。


1500万円を払っても変われなかった男の感動

やっと生きていてよかったと思える最高の瞬間を味わえました。
自己啓発と海外でのスピリチュアリティ体験に1500万円費やしてきた男が、はじめて岩波先生が創造した脳覚醒技術のすごさに触れた時、別格過ぎて衝撃を受けました。

まずは脳から変わって下さい。

成功哲学はあくまでも知識です。
自己啓発セミナー(感情型、体験型、劇場型)は表面的にしか脳をなぞれませんし、人格を歪めて感情を逆にしぼませてしまう両刃の剣でもあります。 

自己啓発に人生を捧げるのならば、これが最後にすべきだと思います。

BlogPaint

このページのトップヘ

見出し画像
×