タグ

タグ:顕在意識

本能と潜在意識と原始的な脳を無視すると、生きづらさと鬱が忍び寄ってきます

カテゴリ:

brain_money_change_life
成功脳が働かない原因と対策法3


原因3


本能を発揮する脳が死んでいく現代


最後の問題点は、現代人である我々が、情報の洪水の中で生活していることに関係しています。
ほとんどの人が、断片的な収集がつかない思考によって心情を満たす習慣を身につけています。


あまりに情報が氾濫し、動物として必要な本能を押さえつけて、理性だけを酷使して我々は生きざるを得ません。

そして、本能や原始的な感情は悪だと社会から教わります。



本来の潜在意識と脳の活動領域が狭まっている


脳の表面的をかき乱す雑念と思考の騒々しさと比較して、脳と潜在意識の領域は現代生活ではかなり制限されてしまっています。

あまりの情報量で打ち消されて、本来の心の領域を無視して生きるようになってしまいます。
現代人の一番の弱点は言うまでもなくそこです。


そこが生きづらさを生み出します。
自己啓発セミナーや瞑想やスピリチュアリティが流行るのも、その裏返しとも言えるでしょう。



成功者と凡人の脳と潜在意識の活動量の差


本能を大事にできない人間は悩みを引き寄せやすく、本能を豊かに利用している人はタフだったりします。

私は理性の塊で、脳みそはいいほうだと思って生きてきましたが、全然使いこなせていなかったことに気づいた時は、愕然としました。


しかも、生きづらさを味わい、「人生とは悩むこと、耐えること」なんだと思い知らされたのです。
経済的に恵まれていましたが、精神的には貧者でした。

しかし、今は人生は楽しむもの、目標と結果に向かって邁進していくものだと思っています。

行動力から何から何まで人生が変わりました。

成功できる素質を獲得できたと勝手に思っています。
昔と比べて脳がフルに動いていると実感しています。
どれだけ昔は脳が活性化していなかったかという話でもあります。

自己啓発セミナーや海外でのスピリチュアリティ体験を経てもそんな人間だったのは恐ろしいです。 



対策法3

潜在意識から変わるのにあまり大した方法はなかった

成功脳を手に入れるためには、潜在意識の奥底と脳内の本能クラスにダイレクトにアクセスすることが不可欠です。 

理性を大きく越えた、意識の力も遥かに及ばない精神的な深い世界に身をおくことだけです。


人は瞑想を行なったり、ヨガを開始したり、気功をやったり、座禅をしたりしますが、私はあますところなくやりましたが、どの方法も力不足に感じました。
私が悪いのもありますが、時間がかかりすぎます。
実感もないですし、やるほど迷いが入ってしまいました。


一時しのぎに終わっている潜在意識アクセス法


世界中でも皆、精神世界とアクセスしようと奮闘していますが、自己啓発セミナーと同じで一時的な気分高揚や安らぎの変性意識体験を得るだけで、それ以上には達していませんでした。


これは長くやっている人が人生が変わっていないことを拝見しても、大したパワーはありません。

しかし、世間には瞑想やヨガが非常に小さく思える方法があります
(決してそれらをバカにしているわけではありません。あまりにその技術が高レベルですごかったのです)。



潜在意識に深く誘導し脳を活性化させる方法が現実にあった



私が自分を変え人生を変えるために運命をかけたのは、脳を覚醒させることにより、人生を変えていく方法でした。

脳覚醒技術と言われるものは、まさしく本能と潜在意識の一番深いスポットに誘導してくれます。

この体験のすごさについて、数え切れないほどの人がインプレッションを述べています。

脳覚醒技術のインプレッション1 脳覚醒技術のインプレッション2 脳覚醒技術のインプレッション3 


本能が蘇生され、脳が刺激され、すごいパワーを内面に感じることができます。

生きていてよかったという実感が強くなります。

それって本能の源から発する力です。


現代人がずっと忘れてしまっている感情のパワーを、私は脳覚醒技術で味わいました。


変わりたいのに変われない、変わる方法がないって悲惨です



脳の覚醒体験を経過しないことには、潜在意識なんて少しも変えられないし、自分も人生も変わらない。
これまで人生を変えることに血道を上げて、その割にからきし変われなかった自己証明だけをして、そのまま徐々に命の炎が消えていくことになるなんて、報われないしやるせないです。

そんな人生って無念じゃありませんか?

もともと諦めて生きている人はいいんです。
しかし、何のために人生を変えようと頑張ってきたんですか?

変われないのはしょうがないことだったけれど、これらは自分を大きく変えられる技術があります。

これを受けずして生きているのは、人生最大の損をしています。
自分が変われる実感を心の底から得てみて下さい。


1500万円を払っても変われなかった男の感動

やっと生きていてよかったと思える最高の瞬間を味わえました。
自己啓発と海外でのスピリチュアリティ体験に1500万円費やしてきた男が、はじめて岩波先生が創造した脳覚醒技術のすごさに触れた時、別格過ぎて衝撃を受けました。

まずは脳から変わって下さい。

成功哲学はあくまでも知識です。
自己啓発セミナー(感情型、体験型、劇場型)は表面的にしか脳をなぞれませんし、人格を歪めて感情を逆にしぼませてしまう両刃の剣でもあります。 

自己啓発に人生を捧げるのならば、これが最後にすべきだと思います。

BlogPaint

なぜ脳と潜在意識を変えることが不可能になってしまったのか

カテゴリ:

brain43
成功脳が働かない3つの原因と対策 2

原因2


知恵や理論で脳と潜在意識に立ち向かう無駄

次の課題点として、本人の脳や潜在意識には、元来言葉やアドバイスが伝達しにくいという点が挙げられます。
脳と潜在意識の部分は、私たちが言葉を創造するよりも断然古くから在ったものだからです。


原始的な感情に理性という後天的な人間の要素が太刀打ちできないのと同じです。


引き寄せの法則とか思考は現実化すると言って、強く思おうとしても意味は全くありません。

たとえば「お金がほしい、彼女が欲しい、イケメンと付き合いたい」とただネチネチ唱え続けたとしても、脳内や潜在意識に確実に行き届いていません。

もっとそれができない自分の認識をするだけに終わります。

引き寄せの法則では引き寄せられないし、思考は現実化しない


私がそうでしたから、やるだけ無駄なことでした。

思考は現実化はしません。
もともと現実化できる人間が、成功を強くイメージし、結果を出す覚悟から思考を生み出し、強く行動し、脳を覚醒させて、成功させたという構図じゃないと無理です。

思考から始まったものに何の価値もありません。
思考ばかり考えると、理屈だけが長じていき、一番成功できない、自分すら変えることができない存在になってしまいます。

そんな人間になるために自己啓発に人生を捧げてきたわけではないはずです。



対策法


潜在意識と原始的な脳に伝える言葉はない


脳内と潜在意識にあなたが欲している目標と結果を、明確にそっくりそのまま伝えるためには以下の条件が絶対に必要です。

怯えと不安と焦燥感と心配といったマイナスの強い感情をはるかに飛び越えて、潜在意識と原始の脳に伝える術を持つ必要があります。
プラスの感情の力と信念の力で、しかも気張らず自然に、イメージを潜在意識と脳内に言い聞かせなければなりません。

意志の力やムリヤリ感情を振り絞って、自己暗示を邪魔してくるマイナスの感情を超越しようとすることは、愚の骨頂です。


劇場型・体験型自己啓発セミナーでは感情のバランスが崩れます


多くの自己啓発セミナー(体験型、劇場型)は、その愚を毎回起こしていて、一瞬気分の高揚により変わった気になる人が多いものの、実際はマイナスの感情に心を焼かれてしまう結果に終わる人がとても多いです。
しかし気分の高揚という麻薬効果により、お得意さんにさせられてしまうわけです。 


かといって独学でも自力でも無理な話です。
それでできたらこんな人生を変えるために苦労はしないのですから。

現実に自己啓発セミナーにもその方法はありませんし、だから潜在意識を変えるなんてことは意外に難しいのです。

だから今まで自分を変えられなかったのはしょうがありません。

私たちには感情があり、いくら意志の力でも感情をすべてコントロールできないのです。
変わりたくないという潜在意識の働きが強い限り、必ず強い意志でも徒労に終わる事になるでしょう。



自分をコントロールしようとするよりもコントロールできる脳を作る


しかし、先に脳が変化を見せる状態から入る技法があります。

いわゆる超変性意識の状態を作り込み、どしどし深めていってから、脳を覚醒させて、ストレートに
あなたの思いや言葉を刻み込ませる方法です。

自分の潜在意識と脳をコントロールしようと悪戦苦闘する時間の無駄を繰り返すならば、最初から潜在意識と脳がコントロール可能になる状態に入ってしまうのです。
この普通じゃない状態に誘導できるのは、日本で唯一人岩波先生しかいないでしょう。

強烈な実感からスタートさせる方法です。
最初から、絶対的な感覚の世界から始まる技術があるため、潜在意識に入り込み自分を説得できますし、成功の法則を脳に焼き付かせることができます。

世界中を旅した私でも、岩波先生と肩を並べるどころか足元に及ぶような達人は誰一人いませんでした。


偽物の潜在意識開発法、能力開発法に安易に頼ってはいけない


ドラッグの力で強烈な実感からはじめたら? と考えている人は危険です。
それこそドラッグの力で脳みそが崩壊していきます。
たった一度の覚醒剤で、廃人以下の存在になっている芸能人を見れば一目瞭然です。

自分の脳から自ら発する覚醒効果ならば、そんな悲惨なことにならず、成功脳を手に入れられるようになるのだから、薬に依存してはいけません。
私は(さほど依存性のない)薬を海外でやったことがありますが、あんなものに頼るようになったらおしまいです。

脳を正真正銘覚醒させる技術を活用すれば、100年経っても不可能だった自分を劇的に変えられます。
それも短い期間で見違えるほど達成することができます。


変わりたくても変われないのは必ず原因があるのです。
 


BlogPaint

このページのトップヘ

見出し画像
×